兵庫県丹波市の農業学校「農(みのり)の学校」、2期生の募集を開始

兵庫県丹波市にある農業学校 丹波市立 農(みのり)の学校が第2期生の募集を開始した。

 農(みのり)の学校とは?


農の学校は、兵庫県丹波市と株式会社マイファーム(本社:京都府京都市、代表取締役:西辻 一真氏)が設立した全日制の農業学校だ。新規就農者を対象に、農業栽培の技術や農業経営、農村の文化などを教えている。

2019年4月に丹波市が設置者となり設立された公設民営の学校で、運営は同市から指定管理業者の指定を受けた株式会社マイファームが行う。
年齢や経験の基準は設けておらず、18歳以上であれば誰でも応募が可能。2019年4月に入学した15名の1期生も20~60歳代までと幅広い年齢層によるものだった。

2019年4月に入学した15名の1期生たち

講義は、有機無農薬栽培の実習や実地研修、地域経営の研修などで、講師である地域の農業者や農業法人の経営者らによるカリキュラムを一年間実践する内容である。
生徒の半数は東京・大阪・京都・島根など、遠方からの移住者が占めており、流通を重点に置いた農業生産やITを活用した農業生産など、生徒自身によるさまざまな人生計画に沿った講義が行われている。

今回の募集にあたり、同校では大阪での説明会を実施するほか、説明会を兼ねた現地での見学ツアーも予定している。

 2020年度募集要項

【募集要項】
丹波市立 農(みのり)の学校
開講時間 :2020年4月~2021年3月(3学期制)
総受講時間:1,216時間 週5日程度/全日制
定員:20名
入学要件:18歳以上の方
費用:授業料512,000円(税別) ※その他教科書代等負担あり
出願期間:1次募集 2019年12月27日まで

2020年度説明会の概要

【農の学校 大阪説明会】
(1)9月22日(日)14:30~16:30
(2)12月8日(日)14:30~16:30
会場:アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前(大阪・梅田)
住所:大阪府大阪市北区梅田1丁目12−17 梅田スクエアビル12階
アクセス :大阪駅 徒歩2分、阪神梅田 駅、西梅田 駅 徒歩1分

【農の学校 現地説明会】
(1)10月27日(日)10:30~14:00
(2)11月17日(日)10:30~14:00 
(3)12月15日(日) 10:30~14:00
会場:丹波市立 農の学校 校舎および学校農場
住所:兵庫県丹波市市島町上田1134番地
集合場所:電車の場合…10:20 JR市島駅 集合
             車の場合…10:30 ライフピアいちじま駐車場
定員:各回6~8名/家族・友人同士の参加も可
料金: ランチ代 ※当日徴収 ※現地までの交通費は各自負担

<タイムスケジュール >
10:30~ 学校説明会/ほ場見学
12:00~ 丹波のおいしいランチ交流会
13:00~ 丹波の地域見学/入学相談
14:00~ 就農・移住相談 ※希望者のみ
※終了後は最寄りの駅まで送迎有

<参考リンク>
丹波市立 農(みのり)の学校
丹波市HP
株式会社マイファーム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。