北海道農業の課題解決へ向けて「第9回 女性農業者のための農業経営基礎セミナーin札幌」2020年1月/2月に開催

独立行政法人中小企業基盤整備機構 (以下、中小機構)北海道本部が主催する「女性農業者のための農業経営基礎セミナーin札幌 ~農業経営の課題を見出し、解決への第1歩を!~」が、2020年1月16日~17日と2020年2月17日~18日に開催される。



「女性農業者のための農業経営基礎セミナーin札幌」とは? 


「女性農業者のための農業経営基礎セミナーin札幌 」は、農業を実践する北海道の女性農業者を対象にしたセミナーだ。
中小機構では、セミナーを通じ企業的経営の基礎を学ぶ機会を提供することで、農業経営の見直しや課題解決への方向性を見出すことを目的に掲げている。

過去8回の参加者からは、「新たな挑戦や経営改善のきっかけになった」や「農業に頑張る女性同士で苦労や悩みを語り合えることが仲間づくりにもつながった」など、同セミナーを評価する声も多く聞かれた。

農業経営の課題を見出し解決への第1歩を


9回目となる今回は、きゃりあ工房代表で人材育成コンサルタントの田崎悦子氏や、辻コンサルティング.オフィスの代表である辻亨氏、有限会社大塚ファームの取締役副社長で北海道指導農業士でもある大塚早苗氏、中小機構 北海道本部で農商工連携アドバイザーや北海道6次産業化プランナーを務める萬谷利久子氏、株式会社GB産業化設計の代表取締役である岩井宏文氏らの登壇を予定。

人材育成や農業経営、スマート農業や農業の6次産業化など、それぞれの分野で活躍する講師達による、北海道農業の課題解決とあるべき未来像へと向けた講義が行われる予定だ。
定員は女性限定で20名。参加費は無料だが交流会は会費制(任意参加)とのこと。

カリキュラムの内容


予定されているカリキュラムは以下の通り。

前半の部(2020年1月16日~17日)

1月16日(木)
12:50~13:00 開講式 オリエンテーション
13:00~14:00 アイスブレ-ク 
14:00~16:00 魅力ある職場づくり
16:00~17:30 農業経営における労務管理
18:00~20:00 交流会 受講者同士の懇親と情報交換
1月17日(金)

9:00~12:00 農業経営における財務管理
13:00~15:30 職場づくりのためのコミュニケーション
15:30~16:00 課題 2日間の学びから「課題」を設定し行動計画(宿題)

後半の部(2020年2月17日~18日)

2月17日(月)
13:00~14:30 職場の課題解決に向けて
14:30~17:00 事例研究「先輩(先駆者)から学び、そして語ろう!(仮題)」
・第1部(14:30~15:30)
・第2部(15:30~17:00)
17:00~17:30 中小機構と農業者支援
18:00~20:00 交流会 受講者同士の懇親と情報交換(過去の修了生も参加予定)
2月18日(火)
9:00~12:00 商品開発の視点 共感力を生む商品開発
13:00~15:00 農業経営を考える
15:00~16:00 研修を終えて
16:00~16:10 閉講式

【開催概要】
女性農業者のための農業経営基礎セミナーin札幌
日時:第1回目(前半の部)2019年1月16日(木)~17日(金)
第2回目(後半の部)2019年2月17日(月)~18日(火)
会場:中小機構北海道本部 大会議室
住所:札幌市中央区北2条西1丁目1-7 ORE札幌ビル6階
料金:無料(※交流会のみ任意参加の会費制)

<参考リンク>
第9回 女性農業者のための農業経営基礎セミナーin札幌
独立行政法人中小企業基盤整備機構
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。