青森農業の発展を目指す「スマートアグリ・シンポジウム2019 in あおもり」12月13日に初開催

2019年12月13日(金)にアピオあおもりで「スマートアグリ・シンポジウム2019 in あおもり」が開催される。



青森県農業の発展を目指す「スマートアグリ・シンポジウム2019 in あおもり」


青森県では初めての開催となる同シンポジウムは、農業課題をITで解決する「スマートアグリ」に取り組む最先端の事例の紹介と討論を通じて、最新技術の情報発信や、農業経営の向上及び青森県農業の発展に寄与することを目的としている。

当日は、実際にIoTを活用した先端機器にふれることができるほか、青森県内でのスマート農業の運用事例や実証報告などが行われ、青森式スマート農業の現在地と未来を考える内容になっている。

パネリストは協賛企業から、株式会社アグリーンハートの佐藤拓郎氏、合同会社アグロインフォの曽根廣尚氏、株式会社エドビの夏堀尚登氏、株式会社笑農和の岡田龍之介氏、株式会社オプティムアグリ・みちのくの赤石淳氏、株式会社クリアテックの井上実樹氏、株式会社セラクの山田伊知郎氏、もりやま園株式会社の森山聡彦氏らがそれぞれ登壇する予定だ。

17時頃には展示ブース内で行われる「スマート米」や「シードル」などが当たる抽選会への参加も可能、入場の際に渡される裏面に数字が捺印された封筒が抽選券となる。

定員は80名で参加費は無料。「スマートアグリ・シンポジウム2019 in あおもり」のサイト内から申込むことができる。(2019年12月10日〆切)

当日の予定

当日予定されている催事は以下の通りで、販売等の経済活動は一切行わない。

1. スマート農業の基調講演2本
2. スマート農業のサービスがある会社のセッション登壇
3. スマート農業座談会(パネラー:セッション登壇者)
4. ブースでのスマート農業製品、サービス、農産物加工品等の展示など
ドローン用日本製ハイパースペクトルカメラ/ マルチスペクトルカメラ
・水稲農家向けスマート水田サービス 「paditch(パディッチ)」
・環境モニタリングサービス「ThinkingFaerm」
・農業IoTサービス「みどりクラウド
・多目的自動潅水・施肥制御盤「楽かんさん Demeter」
・樹木1本1本をスマホで管理 - Agrion果樹(アグリオン)
・水田水管理(LPWA水位・水温センサ)統合ソリューション
・LPWA鳥獣害罠検知システム「わなベル」
・LPWA温度湿度センサー「あぐりセンスfor SIGFOX)
5. スマート農業でできた農産物、加工品の抽選会など
・スマート米
・「TEKIKAKA(テキカカ)シードル」(「ジャパン・シードル・アワード2019」大賞受賞)

【開催概要】
第1回スマートアグリ・シンポジウム2019 in あおもり
日時:2019年12月13日(金)13:00~17:30(受付・開場12時~)
会場:アピオあおもり 大研修室1
住所:青森県青森市中央3丁目17-1
料金:無料

<参考リンク>
スマートアグリ・シンポジウム2019 in あおもり
一般社団法人日本農業情報システム協会
株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック
株式会社アグリーンハート
合同会社アグロインフォ
株式会社エドビ
株式会社オプティムアグリ・みちのく
株式会社クリアテック
株式会社セラク
もりやま園株式会社
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。