SkyLink Japan がドローンで育てた新米 『そらとこめ』 のキャンペーンを実施 京都市内児童養護施設への寄贈も

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開するSkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company)が、ドローンで育てたお米 『そらとこめ』 をプレゼントするキャンペーンを2019年11月1日に開始した。


ドローンで育てたお米 『そらとこめ』


『そらとこめ』 は、SkyLink Japan(WorldLink & Company社)が提携農家と共同で育てたオリジナルブランドのお米だ。

今年同社ではドーロンの有効性を実体験するために、地元・京都のコメ農家の協力を得てドローンによる試験栽培を京都の美山町で実施した。
種の直播きから、除草剤散布、殺虫剤散布、獣害調査、育成状況の把握などの作業はすべてドローンで行われ、収穫されたの一部の『そらとこめ』 は地元の児童養護施設等へも寄付されたという。

今回のキャンペーンは、試験栽培でつくられた『そらとこめ』 を、製品の購入者へプレゼントするというもの。
プレゼントは数量限定で京都本店での購入者のみが対象だという。無くなり次第キャンペーンは終了するとのこと。

同社はキャンペーンの実施にあたり、
「初めてながらも大変美味しいお米が育ちました。日頃ご愛顧頂いているお客様や、お世話になっている近隣地域の皆さまにもご賞味いただきたい思いから今回の取り組みを実施致しました」
とコメントしている。

WorldLink & Company社は、2015年に日本で初めて実店舗型のドローン専門店をオープンした企業で 「ドローンと社会を正しくつなぐ」 をミッションに事業活動を行っている。
「SkyLink Japan」 というブランド名のもと、販売のほかドローンを活用した空撮やインフラ点検、測量における最新技術や保守サービスの提供、講習会やドローンパイロット派遣など顧客ニーズに応じたドローンに関するあらゆるソリューションを提供している。

<参考URL>
SkyLink Japan
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。