農蓄水産物の直接売買マーケットプレイス『OWL(アウル)』が生産者向けの登録受付をスタート

レッドホースコーポレーション株式会社は、12月中旬にリリースを予定している農蓄水産物を直接売買できるマーケットプレイス『OWL(アウル)』の生産者登録の受付をスタートした。


『OWL(アウル)』とは?


『OWL(アウル)』は、農畜水産物の直接売買をオンライン上で可能にしたアプリだ。参加する生産者はすべて地方自治体が推薦する生産者であるため、高品質な農畜水産物を安心して購入することができるサービスを提供している。

アプリ内では、生産者と消費者がチャットを通じて自由にやり取りできるため、生産者は自身がつくった農畜水産物の良さをアピールでき、購入を希望する消費者は不安や疑問を解消しながら利用できる。

生産者自身が自由に価格設定できるため、従来の販売ルートよりも高い収益率を実現することも可能とのこと。9月末に行われたリリース発表以降、現在では14の自治体が参加を表明している。

アプリのイメージ



登録で農畜水産物の出品が可能に


今回、同社がスタートした農蓄水産物の登録受付は、農畜水産物を出品したい生産者に対し登録用の専用アプリを提供するもの。


参加自治体が主導となり生産者向けの説明会を開催、使用方法の説明や登録用アプリの案内が行われる。
各自治体ではそれぞれの出品基準を設けているが、現時点ではふるさと納税事業に参加する生産者のみが対象とのこと。

参加を表明している自治体


現在、参加を表明している自治体は以下の通り。(50音順敬称略)

  1. 秋田県男鹿市
  2. 茨城県境町
  3. 香川県観音寺市
  4. 香川県東かがわ市
  5. 熊本県長洲町
  6. 群馬県下仁田町
  7. 高知県芸西村
  8. 高知県須崎市
  9. 佐賀県みやき町
  10. 兵庫県市川市
  11. 福岡県大木町
  12. 宮城県大郷町
  13. 宮崎県都農町
  14. 山口県萩市

 

<参考リンク>
レッドホースコーポレーション株式会社
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。