AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」で「あまおう」 の栽培管理を自動化 福岡市で実証実験

株式会社ルートレック・ネットワークスが開発したAI潅水施肥システム『ゼロアグリ』が、福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)が実施する福岡市実証実験フルサポート事業のアグリテック部門に採択された。

受賞式の様子 高島福岡市市長(左)と

福岡市では、AIやIoTなど先端技術を用いて社会課題の解決や生活の質の向上を図るプロジェクトを全国から募集し選出する「実証実験フルサポート事業」を実施している。採択を受けたプロジェクトは、実証フィールドの提供や広報支援が受けられるほか、行政データの提供や規制緩和の検討、助成金の補助などが受けられる。

対象は 「1. 環境計測・制御」「2. 病害虫対策(診断、発生予測、除去)」「3. その他生産者の課題解決に繋がるプロジェクト」の3つで、今回の採択は2019年9月2日~10月7日に募集された応募の中から選出されたもの。

同社が採択を受けたアグリテック部門のほかに、AI多言語音声翻訳システム部門、2019年度随時募集部門があり、計11件のプロジェクトが採択されている。

AI潅水施肥システム 『ゼロアグリ』 × 福岡名産のイチゴ 『あまおう』 


AI潅水施肥システム 『ゼロアグリ』 は、農作物の成長に必要な最適な水分量をAIで算出し、潅水や施肥作業を自動で行うスマート農業システムだ。同社の提案は、福岡県を代表するイチゴの品種である 『あまおう』 の栽培管理の自動化を目指したものだという。

あまおうの栽培は、ITによる自動化ツールの導入が進んでおらず、労力の軽減とノウハウの蓄積が課題といわれている。提案には、 『ゼロアグリ』 をイチゴ生産者の若手部会である 「SDC(ストロベリーディスカッションクラブ)」 に提供し、省力化を推進することが盛り込まれているほか、栽培データの共有による栽培ノウハウの蓄積を進める方針も示されている。

同社では、プロジェクトを通じた若手生産者への支援を継続し、今後は福岡県の名産品である『あまおう』の栽培技術の伝承にも貢献していく考えだ。

他の品種よりも実が大きく糖度も高い「あまおう」

<参考リンク>
株式会社ルートレック・ネットワークス
福岡市実証実験フルサポート事業
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。