株式会社未来図、完全自動航行ドローンでの農薬散布デモ飛行を和歌山県で実施

完全自動航行で農薬散布するドローン「XAIRCRAFT P20」のデモ飛行およびスマート農業の説明会が、株式会社未来図の主催で、2月20日(水)に開催される。

昨今、ドローンは測量や農薬散布、インフラ点検などの分野で利用が広がっており、新たな産業・サービスの創出や国民生活の利便や質の向上に資することが期待されている。水稲に対しての空中散布は、全国的に無人ヘリコプターからドローンによる散布も増えているが、和歌山県に関しては現在も空中散布の実績はほとんどない。

しかしながら、和歌山県ではみかん畑をはじめとする果樹の圃場が急斜面に位置しており、農業従事者も高齢化が進み、農薬散布作業が大変な重労働になるなかで、現場での機械化への要望が増しているという。

これまで和歌山県で空中散布が進まなかった理由は、
  1. 水稲の単位面積が全国に比較して小さいので、無人ヘリコプターでは効率が悪すぎたこと
  2. 和歌山県で主流のみかん等の果樹に空中散布するには、無人ヘリコプターでは技術的に大変困難であったこと
  3. そのため、空中散布用の薬剤の登録が少ないこと
といったものだった。

これらの課題を解決できる可能性として、未来図はRTK技術で数センチ単位で制御する完全自動航行のドローン「XAIRCRAFT P20」の取り扱いを開始。実績を積んで(3)の薬剤の登録が進めば、和歌山をはじめ全国の果樹農家への導入が進む可能性があるという。


今回は、未来図と業務提携したラボテック・インターナショナル株式会社のドローンフィールドで、XAIRCRAFT P20のデモ散布飛行と説明会を開催する。デモ飛行では、RTK技術を応用した圃場の測量と、クラウドに保存したデータを元に数センチ単位で制御された自動航行での散布の様子を見学できる。

未来図は今後、和歌山県果樹試験場と一緒に、このドローンによる試験も進めていくとしており、水稲はもちろん、いままでマニュアル操縦では難しかったみかん・桃・柿・梅などの果樹に対しても自動散布が可能になると期待を寄せている。

申し込み、お問い合わせは下記まで。

■日時:2019年2月20日(水)14:00~16:00 受付 13:30~
■実施場所:ラボテック・インターナショナル ドローンフィールド
■住所 : 和歌山市梅原597-4 紀州ラボ内
■実施概要:
  1. 測量技術RTK(リアルタイムキネマテイクス)を利用した圃場の測量
  2. クラウド上の測量データをダウンロードして完全自動航行でのドローン空中散布
  3. スマート農業の展望の説明と質疑応答

<参考URL>
株式会社未来図
XAIRCRAFT
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。