ドローンで圃場データの収集・可視化・分析が可能なツール「DJI TERRA」登場

DJIは、ドローン空撮データをデジタル3Dモデルや地図に変換し、分析と意思決定を容易に実現する新しいソフトウェアツール「DJI Terra」を発表した。「DJI Terra」は全国のDJI Enterprise正規代理店を通じて3月29日より購入可能。Windowsパソコンと現行のDJI Phantom 4シリーズのドローンすべてと互換性がある。DJIのドローン技術を活用する企業や組織は、公共の安全、建設、インフラ、農業や映画産業といった各業界で、「DJI Terra」を活用し、空撮写真の収集、可視化、分析できるという。


「DJI Terra」では、ミッションの目的を定義して希望する飛行プランを計画し、ボタンを数回タップするだけで自動でドローンが2D/3Dデータを取得。そのデータを元に圃場や周囲の環境などを描写し、樹木や対象物などを分類。農業における具体的なデータの活用法としては、自動作物防除や、生育状況の把握、圃場の状況分析、障害物のある環境下での農薬散布などの用途で、さまざまなサービスと連携して活用するといった用途が考えられそうだ。


「DJIは産業用ドローンのリーダーとして、企業がドローン技術で業務を変革し、競争優位性を獲得できるよう、導入しやすく使いやすいハードウェアとソフトウェアソリューションの開発を続けています。『DJI Terra』は、マッピングおよびモデリングのオールインワンソリューションとして、ドローンデータの価値をシンプルかつ効率的に抽出します。事故現場の再現から重要インフラの点検、農業分野でのマッピングや建設現場でのモデリングなど、幅広い分野で意思決定や提案を行うことができます」と、DJIエンタープライズ部門ディレクターSunny Liaoは述べている。

自動飛行計画とデータ収集

「DJI Terra」は、産業用ドローンパイロットが撮影したいエリアや対象物、作成したい地図や3Dモデルの種類に基づき、使いやすい複数のオプションを使用して、自動飛行を迅速に計画するのに役立つ。飛行計画には、3種のミッション計画が用意されている。


エリア(Area Mission Planning)
多角形の飛行エリアを地図上に描くことにより、特定のエリアを素早く簡単に撮影。選択されたエリアを基に効率的な飛行経路オプションを自動的に作成してくれる。

ウェイポイント(Waypoint Mission Planning)
ウェイポイント、機体の高度/速度/向き/ジンバルピッチ/角度などの調整可能なパラメーターを使用し、エリア内または対象物周辺の動的なカスタム飛行経路を作成。細心の注意が必要な複雑なミッションでは、3D飛行可視化機能を使用して、既存の3Dモデル上にミッションを設計し、シミュレーションすることが可能。

オブリーク(斜め撮影)(Oblique Mission Planning)
同じルートを複数回自動で飛行することにより、豊富なデータセットを収集。各飛行でカメラの角度を自動調整し、さらに新しい詳細情報を撮影することで、様々な角度からの対象物やアセットの鮮明な3Dモデルが得られる。リアルタイムマッピングと緻密な3Dモデルが取得できる。

リアルタイムマッピングと緻密な3Dモデル

リアルタイムマッピング機能により、ドローンパイロットは「DJI Terra」で素早く2Dオルソモザイクマップをドローンファイルとして生成できる。状況認識が重要であり、一刻を争うミッションや、数分で意思決定が必要とされる現場に最適。

「DJI Terra」の高速処理機能は、車両事故の再現や建築プロジェクトの進捗状況追跡、橋梁や道路などの大規模な重要インフラの点検調査の実施など、産業用途に用いられる詳細な2Dオルソモザイクと3Dモデル再構築で、鮮明でリアルな描写をあらゆる環境下で実現する。


使いやすいデータ分析

地図やモデルの作成に加え、「DJI Terra」は、直線距離や表面積、体積推定など様々な測定値を提供する使いやすい分析ツールを用意し、ユーザーがデータを分析し、すぐに洞察を生み出すことができるようサポート。進行中のプロジェクト全体で、チームのコミュニケーションと報告業務を改善するために、注記ラベルを編集して共有も可能となる。

現場での詳細な点検調査や事故の再現業務に、「DJI Terra」の写真検査ツールを使用すると、モデル作成に使用したすべての写真を詳細に検査できるため、 重要な要素を特定し、強調表示できる。

<参考URL>
DJI Terra
DJI Phantom シリーズ

スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND