ドローンによる圃場データの可視化・分析ツール「DJI TERRA」登場

DJIは、ドローン空撮データをデジタル3Dモデルや地図に変換し、分析と意思決定を容易に実現する新しいソフトウェアツール「DJI Terra」を発表した。「DJI Terra」は全国のDJI Enterprise正規代理店を通じて3月29日より購入可能。Windowsパソコンと現行のDJI Phantom 4シリーズのドローンすべてと互換性がある。DJIのドローン技術を活用する企業や組織は、公共の安全、建設、インフラ、農業や映画産業といった各業界で、「DJI Terra」を活用し、空撮写真の収集、可視化、分析できるという。


「DJI Terra」では、ミッションの目的を定義して希望する飛行プランを計画し、ボタンを数回タップするだけで自動でドローンが2D/3Dデータを取得。そのデータを元に圃場や周囲の環境などを描写し、樹木や対象物などを分類。農業における具体的なデータの活用法としては、自動作物防除や、生育状況の把握、圃場の状況分析、障害物のある環境下での農薬散布などの用途で、さまざまなサービスと連携して活用するといった用途が考えられそうだ。


「DJIは産業用ドローンのリーダーとして、企業がドローン技術で業務を変革し、競争優位性を獲得できるよう、導入しやすく使いやすいハードウェアとソフトウェアソリューションの開発を続けています。『DJI Terra』は、マッピングおよびモデリングのオールインワンソリューションとして、ドローンデータの価値をシンプルかつ効率的に抽出します。事故現場の再現から重要インフラの点検、農業分野でのマッピングや建設現場でのモデリングなど、幅広い分野で意思決定や提案を行うことができます」と、DJIエンタープライズ部門ディレクターSunny Liaoは述べている。

自動飛行計画とデータ収集

「DJI Terra」は、産業用ドローンパイロットが撮影したいエリアや対象物、作成したい地図や3Dモデルの種類に基づき、使いやすい複数のオプションを使用して、自動飛行を迅速に計画するのに役立つ。飛行計画には、3種のミッション計画が用意されている。


エリア(Area Mission Planning)
多角形の飛行エリアを地図上に描くことにより、特定のエリアを素早く簡単に撮影。選択されたエリアを基に効率的な飛行経路オプションを自動的に作成してくれる。

ウェイポイント(Waypoint Mission Planning)
ウェイポイント、機体の高度/速度/向き/ジンバルピッチ/角度などの調整可能なパラメーターを使用し、エリア内または対象物周辺の動的なカスタム飛行経路を作成。細心の注意が必要な複雑なミッションでは、3D飛行可視化機能を使用して、既存の3Dモデル上にミッションを設計し、シミュレーションすることが可能。

オブリーク(斜め撮影)(Oblique Mission Planning)
同じルートを複数回自動で飛行することにより、豊富なデータセットを収集。各飛行でカメラの角度を自動調整し、さらに新しい詳細情報を撮影することで、様々な角度からの対象物やアセットの鮮明な3Dモデルが得られる。リアルタイムマッピングと緻密な3Dモデルが取得できる。

リアルタイムマッピングと緻密な3Dモデル

リアルタイムマッピング機能により、ドローンパイロットは「DJI Terra」で素早く2Dオルソモザイクマップをドローンファイルとして生成できる。状況認識が重要であり、一刻を争うミッションや、数分で意思決定が必要とされる現場に最適。

「DJI Terra」の高速処理機能は、車両事故の再現や建築プロジェクトの進捗状況追跡、橋梁や道路などの大規模な重要インフラの点検調査の実施など、産業用途に用いられる詳細な2Dオルソモザイクと3Dモデル再構築で、鮮明でリアルな描写をあらゆる環境下で実現する。


使いやすいデータ分析

地図やモデルの作成に加え、「DJI Terra」は、直線距離や表面積、体積推定など様々な測定値を提供する使いやすい分析ツールを用意し、ユーザーがデータを分析し、すぐに洞察を生み出すことができるようサポート。進行中のプロジェクト全体で、チームのコミュニケーションと報告業務を改善するために、注記ラベルを編集して共有も可能となる。

現場での詳細な点検調査や事故の再現業務に、「DJI Terra」の写真検査ツールを使用すると、モデル作成に使用したすべての写真を詳細に検査できるため、 重要な要素を特定し、強調表示できる。

<参考URL>
DJI Terra
DJI Phantom シリーズ

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。