エアロディベロップジャパン、大型ドローン向けのハイブリッドエンジンを開発

エアロディベロップジャパン株式会社(以下、ADJ)は、重量・長距離ドローン向けの動力源となるハイブリッドエンジンの開発を進めていることを明らかにした。そのために、IDATEN Venturesから新たに資金を調達し、合計5000万円の資金調達を実施している。


ドローンはこれまで、主に総重量25kg以下の軽量・近距離(=目視内・短時間)カテゴリーが空撮ニーズを中心に発展してきたが、今後、重量・長距離(=目視外・長時間)カテゴリーの発展が期待されている。しかし現時点において、当該カテゴリーのドローンを飛ばすために最適な動力源として、決定的なものが存在していない。

そんななかで、ADJは、電気制御も少なくないドローンに最適なハイブリッドエンジンを開発し、重量・長距離ドローン向けの動力源として提供することで、世界の発展に貢献していこうというビジョンを掲げて立ち上がった。

ADJは2019年中に、タービンエンジンとハルバッハ発電機・モーター(ハルバッハ磁石配列という特殊な磁石の並べ方をすることで、強力な磁界を得るもの)を組み合わせた、世界オンリーワンのハイブリッドエンジンを開発・販売する計画を立てている。同時に、同じく世界オンリーワンの機体構造材やパラシュートシステムの開発も行い、フラッグシップドローンとして、それらを最適なバランスで組み合わせたドローンの開発も進めている。さらに、2020年と2021年にもそれぞれ新たな動力源を開発し、その頃には発展が本格化しているであろう重量・長距離ドローン業界に大きく貢献していくという。

日本には優れたエンジン技術や材料技術、加工技術が存在しており、それらがすべて、世界トップクラスの工業製品レベルを実現している。ADJは、自社ですべてを抱え込まず、それらの優れた技術をインテグレーションすることで、日本発の大型・長距離ドローン向けハイブリッドエンジンを開発している。

ADJの開発ロードマップ

ADJ創業者の田邉氏は、「日本には本当に優れた技術がたくさん存在します。しかし残念ながらそれらは点在している傾向にあり、部分部分でみたら世界トップなのに、それらを統合した領域では世界的な存在感を失いつつあります。そんな現状を打破したいと、私はこれまで、日本銀行や学術界において、そうした日本の優れた技術を生かしつつ、日本が不得意とする“技術に横串し”を入れる『システムズ・イノベーション』の発想で、新産業づくりにチャレンジしてきました。

そんな中、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)千田泰弘副理事長と出会い、調査研究を重ねていくうちに、次なる経済成長のニューフロンティア、大きなイノベーションが期待できる分野は、地表と有人航空機との間の“ドローン空間”にあると気づきました。まだ世界的にも決定的なプレイヤーがいないこの分野においては、今なら、日本の自動車産業等が培ってきた各種エンジンと小型発電機を組み合わせたハイブリッドエンジン開発で一気に世界のトップに立てると確信しています。

そして昨年7月にADJを設立。半年間で技術的な『座組み』をほぼ確立できた段階でIDATEN Venturesの足立氏と出会いました。足立氏は、技術はもとより金融を含めた『システムズ・イノベーション』を深く理解している稀有な存在です。文字通りスタートアップに寄り添った支援を展開されており、戦略面・財務面から我々の挑戦を支えていただける力強いパートナーであることを実感し、このたびADJに参画いただきました。

足立氏とともに、米国の“シリコンバレー”、オランドの“フードバレー”に続く、第3番目の世界的な『システムズ・イノベーション』の“ドローンバレー”を日本に創ってまいりたいと考えております」とコメントしている。

<参考URL>
エアロディベロップジャパン株式会社
IDATEN Ventures
スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND