笑農和、スマート水田管理デバイス「paditch」に水門管理機能を追加

富山県で農業コンサル事業を行っている株式会社笑農和が、米農家が一番負担に感じる作業である水管理を自動化するスマート水田サービス「paditch」を開発しているが、インキュベイトファンドからの出資を受けて、水門管理機能を追加する。



高齢化に伴う離農・担い手不足・耕作放棄地の増加・異常気象に代表されるように、農業は課題が山積みと大変な時期に差しかかってる。笑農和はこれらの課題を解決するためにIT・IoTAI・ロボット等のテクノロジーを活用し、富山発の次世代農業(スマート水田)を築きあげていく、アグリテックベンチャーだ。スマート農業を普及するとともに、若い世代の人が農業を職業として選択する未来の創造に挑んでいる。

笑農和が開発する「paditch」は、米農家が一番負担に感じている作業である水管理を自動化するスマート水田サービス。水位・水温センサーだけでなく、水門の遠隔操作にも対応することによって、水管理コストの大幅な軽減に加えて、水管理の地域最適化にも取り組んでいる。現在は、田植え後の水管理を遠隔から行うことができ、水位や時間などでの開閉指示も設定可能な水位調整サービスのみ提供している。

開発を進めるにあたり、今回、創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」より資金調達を実施。これにより、従来のサービス「paditch gate02(ゲートゼロニー)」から 「gate02+(ゲートゼロニープラス)」へ機能追加を実施する。またこれに伴い、開発およびカスタマーサポート体制強化のため、事務所を移転し人材採用を積極的に進めていくという。

笑農和代表取締役 下村豪徳氏

笑農和の代表取締役、下村豪徳氏は、「私は農家の長男に生まれ、農業とは無縁のIT業界に就職しました。IT業界ではプログラム、システムエンジニア、ソリューション営業、マネージメントなど開発の現場から営業・管理の現場まで一通り経験し、主に組立加工業向けの生産管理、販売管理、購買管理を中心とした業務に従事しました。ある時期を境に実家の農業の売上が下降し、原因を追究する中で農業業界そのものの仕組みのありかたに疑問を感じるとともに、製造業で培ったITの技術が役に立つのではと起業いたしました。弊社はスマート農業を普及させることで、若い世代の人が農業を職業として選択する未来をつくります」とコメントしている。

インキュベイトファンド代表パートナー 和田圭祐氏

インキュベイトファンドの代表パートナー、和田圭祐氏は、「インキュベイトファンドは、創業期のスタートアップ支援に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。シードスタートアップへの投資において国内最大規模(累計300社以上)の実績を有し、運用総額340億円のファンドを運用しています。インキュベイトファンドが主催するIncubate Camp11thへの出場をきっかけに投資させていただきました。

日本の農業における生産人口減少と高齢化は深刻な課題で、1農家当たりの耕地面積の増大は避けられない状況の中で、笑農和社の事業は、日本の農業の生産性を改善し得る社会的意義の大きな事業になると考えており、成長支援に取り組んでまいります」と語っている。

<参考URL>
株式会社笑農和
スマート水田サービス「paditch」
インキュベイトファンド株式会社
スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND