超強力の秋まき新品種小麦「みのりのちから」の実力とは

秋まき小麦で超強力かつ多収性の新品種として普及が期待される「みのりのちから」(※注)の栽培が北海道でじわりと広がってきた。

生産と加工についてどんな結果が出ているのか。その普及に当たる、北海道音更町に本社がある小麦の集荷業者の株式会社山本忠信商店(以下、ヤマチュウ)に話を聞いた。

※注 チホク会は「みのりのちから」について産地品種銘柄を申請して、2020年に「パン用と中華麺用」の用途でその指定を受けた。

山本専務(右)のほか山本忠信商店の社員

秋まきで収量増が見込める「みのりのちから」


小麦で超強力の特性を持った品種といえば「ゆめちから」。農研機構が開発し、北海道ではすでに産地品種銘柄になっている。主にパン用小麦として大手の製パン業者を筆頭に使われている。

そもそも、パンに適しているのはグルテンが多くて粘性が高い強力粉だ。しかし、強力粉になるのは春に種をまき、盆に刈り取る品種ばかり。秋まきの品種と比べて春まきの品種は栽培期間が短く、収穫期に雨が多いので作柄と品質が安定せず、これまでは普及しなかった。このため「ゆめちから」が誕生するまで、国内で作付けされる9割以上が中力粉に向く秋まき品種だった。

一方、2009年に品種登録された「ゆめちから」は秋まきでありながら超強力という特性を持った品種である。“超強力”であるので、中力粉と混ぜることで、強力粉のように使える。このため産地と実需が連携しながら、道内での栽培面積が拡大していった。

ただ、「ゆめちから」にも弱みはある。それは、「農家が期待するほどに収量が取れない」ということ。収入を増やしたい農家にとっても、国産小麦をより求める製パン業者にとっても、収量が多い品種の到来は待ち遠しい。とはいえ一から品種を改良していてはその実現までに長い年月がかかる。

では、世に出ることのなかった品種の中に、実は優れた特性を持った小麦が眠っていることはないか。

そこに目を付けたのがヤマチュウである。同社は農研機構との協定による研究で、埋もれていた品種の中から「みのりのちから」を発掘した。しかも「ゆめちから」と比べると、同じく秋まきであることに加えて、収量は少なくとも10%増が期待できるという触れ込みだった。


期待以上の増収効果


ヤマチュウは同社に出荷する農家の集まりであるチホク会に「みのりのちから」の試験的な栽培を呼び掛けた。チホク会では道内の300戸以上の農家が計4000ha以上で小麦を作っている。加えて小麦のための巨大なサイロと調製施設も運営する。サイロは16本あり、1本当たりの容量は750tである。

「みのりのちから」を生産する呼び掛けに参加した農家によるこれまでの栽培面積は、2019年播種分が5ha、20年分が50ha。21年分については「さらに増える予定」(ヤマチュウ)だという。

注目すべきは反収だ。当初のふれこみでは「ゆめちから」と比べて少なくとも10%増だったことは先に触れた通り。だが、過去2年間は20%増となった。これには好天が関係している。

「特に2021年産の小麦は十勝史上で過去最高の出来でした」。

山本忠信商店の小麦の保管庫
ただ、好天が影響したのは「ゆめちから」も同じ。山本専務はそれでも「みのりのちから」が好実績を挙げた理由について次のように語る。

「1穂の子実重量が「ゆめちから」に対しておおむね10~15%程度多い。だから、茎数管理と千粒重を高める栽培を施すことでさらに増収が期待できます。チホク会で作付けした農家からは当初の期待にたがわぬ評価を得ています」

「みのりのちから」の栽培における欠点はどうか。

「穂首一つ分草丈が長いので強いて言えば倒れる心配があること。ただ、何もしない畑でほんの一部で倒れたくらい。成長抑制剤を施用した畑では、全くなかったので、問題になるほどではないですね」(山本専務)

加工適性については次のように語る。

「正直にいうとゆめちからのミキシング(原材料の分散とパン生地をつくりこむこと)特性とは少し違うところがあります。ただ、これも使い手の工夫できっと馴染んでくるものと期待しています」

こう語る山本専務は、肝心の味については「おいしい」と言い切る。事実、帯広市に本社を置く製パン業者は高級食パンの原料として使い始めている。


実需者も利益を感じられる仕組みを模索する


加工適性と味についての評価は得ているので、あとは実需と相談しながら、増やしていくことになる。その際、産地が実需と今まで以上に良好な関係を築くうえで大事になるのが増収の利益をどう分け合うかだ。

山本専務は次のように語る。

「『みのりのちから』の普及拡大においては、需要の拡大と作付け拡大は両輪をなしています。優れた品種のメリットは、生産者と実需者が双方にとってメリットが感じられることが重要だと考えています。安定生産のために、安定的な需要を生み出したいと思っています」

ヤマチュウは作る農家を増やすうえで、社内では「フィールドマン」と呼ぶ営業職を配置している。その人員は本社に8人、支店に2~3人。彼ら彼女らは実需者とともに農家を訪ねて新品種の栽培を打診したり、その栽培法を伝えたりする。「みのりのちから」でもフィールドマンが重要な役割を果たしていく。


みのりのちから|農研機構
https://www.naro.affrc.go.jp/collab/breed/0100/0108/045668.html
株式会社山本忠信商店
https://www.yamachu-tokachi.co.jp/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集