クボタ、農機の稼働情報管理サービス 「MY農機」のPC版をリリース

株式会社クボタは、農業機械の稼動管理WEBサービス「MY農機」のパソコン版サービスを2020年3月1日に開始した。料金はユーザーが負担するインターネット通信料のみ。同社のKSAS(クボタスマートアグリシステム)営農コースへの会員登録は必要とせず、対応機を購入したすべてのユーザーが利用できるとのこと。



「MY農機」は、クボタが提供する農業機械の稼働状況をWEB上で管理するサービスだ。
2019年4月にリリースされたスマートフォン版では、「稼働中の機械情報」や「作業実績」「メンテナンス状況」など、3つの見える化を実現している。

「MY農機アラート」や「メンテナンスノート」などの新機能を追加


今回リリースされたパソコン版では、「MY農機アラート」「メンテナンスノート」「帳票データ出力」の3機能の追加に加えて、「作業実績の記録と見える化」が改善されている。

「MY農機アラート」は、設定された条件以外での機械稼働を知ることができる機能で、事前に設定した曜日・時間または場所以外でメインスイッチがONにされると、登録したメールアドレス宛に通知が届く。(直接通信ユニット搭載のみ)

「メンテナンスノート」は、日常点検や部品交換などのメンテナンス実施履歴を自由に入力・記録・保存することができる機能で、クボタ製以外の機械も対象となる。
「帳票データ出力」は、稼働実績やメンテナンス情報をデータ出力し、機械の作業時間や燃料消費量の記録などが確認できる機能だ。

「作業実績の記録と見える化」では、当月および前月までに限られていた作業実績の確認機能を改善、登録月からの確認が可能だ。

機械の状態や作業の進捗状況を効率的に把握・管理


大規模農家では複数の農業機械を同時に稼働させることが多いため、各機械の状態や作業の進捗状況を効率的に把握・管理する必要性があるという。
また、排ガス規制の強化に伴い、DPF(排気微粒子除去フィルター)や尿素水タンクが搭載されたことは、ユーザー自身が機械をリアルタイムに見守り、状況に応じて必要な処置を講じていくことが重要だとされている。

クボタではパソコン版サービスで各種情報の「見える化」を拡張し、今後も農家の順調作業をサポートしていく考えだ。


株式会社クボタ
https://www.kubota.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。