農水省の「Let's!和ごはんプロジェクト」に料理スキル特化型のシェアリングサービスが参画

料理スキル特化型のオンラインプラットフォーム「cook&book(クックブック)」を展開するcook&book合同会社は、農林水産省が推進する「Let's!和ごはんプロジェクト」への参画を発表した。

「Let's!和ごはんプロジェクト」は、和食文化の保護・継承を目的とした官民協働のプロジェクトである。
同社は、2020年7月31日(金)からプロジェクトに参画している。

食べられるレシピ「cook&book」
「Let's!和ごはんプロジェクト」は、日本の文化である「和ごはん」の魅力を子育て世代に向けて発信するプロジェクト。
ユネスコ無形文化遺産にも登録されたという和食文化の保護・継承を目的に、子ども向け和食メニューの開発や販売、展開を促進する。

「和ごはん」とは、日本の家庭で食べられてきた白米を中心とする一汁三菜等の組み合わせで構成された食事メニューで、醤油や味噌など日本古来の調味料等が使用された料理も含むという。

Let’s!和ごはんプロジェクト

オンラインとオフラインを組み合わせた料理教室


「cook&book(クックブック)」は、料理を学びたい人と教えたい人をつなぐ料理スキル特化型のシェアリングサービス。料理家や飲食店のシェフ、栄養士など、食・料理に係る資格や豊富な経験を有する食のプロがノウハウを出品するサービス「食べられるレシピ」を提供する。

「食べられるレシピ」は、「レシピ」「試食サンプル」「簡易レッスン」の3つを合わせたサービス。

「レシピ」では、材料やつくり方、調理のポイント、アレンジなどがオンラインで学べ、「試食サンプル」では、食のプロがつくる味を対面で体験できるそうだ。「簡易レッスン」では、経験やスキル、調理環境に合わせた料理のコツや工夫が対面とオンラインの両方で学べるという。

同社は、「cook&book(クックブック)」を通じ、世帯構成やライフスタイルの変化など家庭内で料理スキルを学ぶ機会が減少する中で、従来型の料理教室に参加できない個人を対象に、食のプロから料理を学ぶことができる機会を提供しているという。

「Let's!和ごはんプロジェクト」では、「cook&book(クックブック)」を通じて、和食文化の基礎となる家庭での豊かな食生活を支援したい考えだ。


cook&book合同会社
https://www.cookbookservice.com/
「Let's!和ごはんプロジェクト」
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/wagohan_project.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。