AI認識&ロボットアームによる栗拾いロボット「Arm-I」の実証実験がスタート

株式会社アトラックラボは、 S-Techno Factoryと共同で、AI画像解析による自動栗拾いロボット「Arm-I」(アーミィ)を開発した。

「Arm-I」は、カメラで地面を撮影し、その中に映っている栗をAI(ディープラーニング)で認識し、その座標へロボットアームを動かし栗を拾う仕組み。ロボットアームは、あらかじめ決められたコースを自律走行する車両に取り付けられており、移動しながら栗を拾っていく。2019年の「第9回農業Week」でも取材している。



参考:日本最大の農業展示会「第9回農業Week」で見つけた注目アイテム<農業ロボット編>
https://smartagri-jp.com/smartagri/834


栗の収穫は実証済み。アームの変更で多目的にも


ロボットの試験は、栗の収穫最盛期となる9月下旬に、京都府の丹波農園株式会社にてAI認識とパラレルリンクの作動、栗を拾いながら移動できるかなどの確認を行った。各種作動は問題なく、今後は実際の運用方法(運用時間、収穫箱の大きさ、集荷方法等)を含めた総合的な活用を進めていくという。


アーム先端に取り付けるグリッパーは、作物や用途に合わせて形状が変更できる。3Dプリンターで作成した複雑な形状のグリッパーも容易に装着できるようになっているため、学習データを他の作物に変えることで様々な用途に利活用できる。たとえば、グリッパーの代わりに、スプレーノズルをつけて、ピンポイント農薬散布なども可能となる。




「Arm-I」仕様


パラレルリンク作動範囲(X:1000mm、Y:1000mm、Z:300mm)
AI処理コンピューター:Jetson nano
車両コントロール装置:AT-Drive(アトラックラボオリジナル)
※車両の大きさや、収穫箱のサイズ、バッテリーサイズは運用時間、圃場の大きさににより変更可能


S-Techno Factory
https://www.facebook.com/pages/category/Industrial-Company/S-Techno-Factory-101812121239066/

アトラックラボ
http://attraclab.com/hp/
丹波農園株式会社
https://tanba.farm/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。