「アグリビジネス創出フェア2020」11月11日〜13日にオンラインで開催

農林水産省は、農林水産業および食品産業分野の技術交流を目的とした展示会「アグリビジネス創出フェア2020」を2020年11月11日(水)~11月13日(金)にオンラインで開催する。参加費は無料で、参加には事前登録が必要。

「アグリビジネス創出フェア」は、全国の産学官の研究機関が取り組む農林水産分野等における研究成果を発表するイベント。当日は、約120の研究機関による研究成果の発表ほか基調講演や相談会の実施が予定されている。



「スマート農林水産業~新しい生活様式とつながるアグリビジネス~」


新型コロナウィルス感染拡大の影響で、従来の生活様式を変更せざるを得ない日本の現状において、農林水産分野および食品産業分野におけるアグリビジネスの可能性を追求する。

当日は、全国の大学、地方公共団体、独立行政法人、企業ら約120の研究機関による研究成果のプレゼンテーションほか、有識者による基調講演や特別講演を予定している。

農業分野における研究成果では、宇都宮大学REAL、東京電機大学、東洋大学が取り組む「AIおよびビッグデータ解析等を用いた農業ロボットの社会実装」や、株式会社トーヨーエネルギーファーム他民間4社が国立大学法人愛媛大学と共同で取り組む「トマト生産に関する新しい温室環境制御モデル/温室管理ロボットシステム」の発表があるそうだ。

講演は、食と農をテーマにした基調講演を柱に、東京農工大学学長の千葉一裕氏、一般社団法人AgVenture Lab代表理事の荻野浩輝氏、株式会社三井住友銀行専務執行役員の工藤禎子氏らが登壇する予定で、映像の配信には登壇者への質問が可能なチャット機能を備えた専用のYouTubeチャンネルを使用するという。

会期中には、「参加する各研究機関を対象にした技術相談も受け付ける」としており、東京ビッグサイトで同日開催されるアグロ・イノベーション2020の会場内においても、来場者からのさまざまな相談やリクエストに対応する予定とのこと。一般の参加登録は専用の申込サイトで受け付けている。

開催概要


アグリビジネス創出フェア2020
日時:2020年11月11日(水)~11月13日(金)
場所:オンライン
料金:無料
申込:https://agribiz.maff.go.jp/register

講演スケジュール


基調講演1
2020年11月11日(水) 11:00~12:00
「持続可能な食料供給産業の創出に向けて」
東京農工大学学長千葉一裕氏

基調講演2
2020年11月11日(水) 13:00~14:00
「食と農と暮らしのイノベーション」
一般社団法人AgVenture Lab代表理事荻野浩輝氏

基調講演3
2020年11月11日(水) 14:30~15:30
「農業とサステナビリティ」
株式会社三井住友銀行専務執行役員工藤禎子氏

特別講演1
2020年11月12日(木) 13:00~14:00
「コロナ期に投資家・顧客が求めるESG思考とアグリビジネスの未来」
株式会社ニューラルCEO夫馬賢治氏

特別講演2
2020年11月13日(金) 11:00~12:00
「全国を食で元気にする大作戦」
イタリア料理シェフ奥田政行氏


アグリビジネス創出フェア2020
https://agribiz-fair.maff.go.jp/
出展者一覧
https://agribiz-fair.maff.go.jp/list.php
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。