稲作の栽培技術に特化したeラーニングサービス「お米未来塾」が少人数制のオンラインライブ講座を開始

稲作の栽培技術に特化したeラーニングサービス「お米未来塾」を展開する株式会社神明ホールディングスは、講師への直接相談が可能なオンラインライブ講座を、2020年12月12日(土)から開始する。料金は3万円(税抜)。

対象は、お米未来塾の動画見放題プランに加入する受講生で、全8回のeラーニング講座を修了していることが条件という。少人数制のライブ講座のため定員は8名で全4回の講座が予定されているとのこと。


稲作の栽培技術が動画で学べる「お米未来塾」


神明ホールディングスは、米や砂糖、雑穀、小麦粉等の卸売事業を手がける企業。
日本の水田文化を守り、「日本のお米の素晴らしさ・美味しさ」を国内外に広めることをメッセージに、事業を展開する。
同社が2020年4月にオープンした「お米未来塾」は、作付け面積が減少しつつある日本の「稲作」を守り育てることを目的に開設された、eラーニング(動画講義)による学習サービスだ。


1本/15分程度となる動画では、先進的栽培を実践する農業生産法人や各種研究機関、メーカーなど各分野のスペシャリストを講師に迎え、生産農家が長年をかけ培ってきた稲作栽培の知恵や、スマート農業技術の活用法、成功農業者の経営モデルなどが学べるという。

現在の会員数は約630名で、専用の情報サイトには関連図書やオリジナルの用語集ほか、今後の稲作文化を牽引するであろう人物を取材した連載コラム等が掲載されている。

「事業計画作りを進めて稲作経営の収益性向上を目指す」


オンラインライブ講座第1弾のテーマは、「事業計画作りを進めて稲作経営の収益性向上を目指す!」だ 。

講座では、中小企業診断士で一般社団法人農業経営支援センターの代表理事も務める山崎隆由氏を講師に迎え、稲作を生業として継続するための事業計画を学ぶ講義が予定されているという。

オンラインライブ講座第1弾の講師を担当する山崎隆由氏
各回の講座内容および日程は下記の通り。

第1回|自社の現況を踏まえて 「自社の強み」 の洗い出しを行う
2020年12月12日(土) 14:00~16:00

第2回|今後の収益性向上を図るための 「目指すべき姿」 を描く
2020年12月19日(土) 14:00~16:00

第3回|事業計画実現を図るための 「具体的取組み」を構築する
2021年1月16日(土) 14:00~16:00

第4回|具体的な目標値を設定して 「経営成果」を見える化
2021年 1月23日(土) 14:00~16:00

講座は各回120分。申し込みはお米未来塾イベント専用ページで受け付けているそうだ。当日は、「Zoomに接続できるインターネット環境と閲覧できる端末、事業計画書を作成できるExcel等のPCソフトを準備してほしい」とのこと。

開催概要


お米未来塾オンラインライブ講座
「事業計画作りを進めて稲作経営の収益性向上を目指す!」
日時:2020年12月12日(土)から(全4回)各回14:00~16:00
場所:オンライン
料金:3万円(税抜)
定員:8名(先着)


お米未来塾「情報サイト」
https://okomemirai.jp/
お米未来塾「イベント専用ページ」
https://okomemirai.jp/useful/event/onlinelive001
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。