JA全農、会員制サービス「アピネス/アグリインフォ」と「Z-GIS」で連携強化

JA全農は、JAグループ向けの会員制総合営農情報サービス「アピネス/アグリインフォ」(APPINES/AgriInfo)と、電子地図とMicrosoft Excelを結びつけて地理情報を連携させた営農管理システム「Z-GIS」(ゼット・ジー・アイ・エス)の機能を強化し、4月11日より運用を開始した。

「アピネス/アグリインフォ」の機能強化

「アピネス/アグリインフォ」は、JAグループ向けの会員制営農情報ウェブサービスとして、全国の営農指導員、TAC(Team for Agricultural Coordination。地域農業の担い手に出向くJA担当者の愛称)、生産者に対する営農と営農指導の支援を目的に、農業の現場で役立つコンテンツを1998(平成10)年から提供しており、JA会員は月額500円、農家は月額300円で、約4800人のユーザーを抱えている。

主な内容として、1kmメッシュ気象情報(全国1km四方単位の天気、気温、降水量、風向風速、湿度の予報のほか、任意の10地点の定点予報とデータを蓄積)、国内の全登録薬剤(約4500薬剤)の最新情報、食物(作物)名別の残留農薬基準値、JA全農が発行する月刊営農技術情報誌「グリーンレポート」のバックナンバーをはじめ、栽培、施肥、資材等の営農に関する文献情報の検索、営農技術に関する相談、病害虫雑草図鑑、青果物市況情報、主要な園芸作物(現在31品目)の要素欠乏症、過剰症の特徴や対応方法などがある。

今回の機能強化では、1kmメッシュ気象情報にアラートメール送信機能を追加し、気温、降水量、風速、降雪量、霜、積算温度の各項目について、利用者が設定した条件に合致する気象予報が出た時に、メールを受信可能になる。急な雨の予報を見逃すことなく作業計画に反映したり、霜のアラートを設定して防霜対策に活用できる。

アラート条件の設定とメール送信のイメージ

さらに、選択した都道府県の病害虫防除所が病害虫発生予察情報を発表した際にメールを受信する設定も可能。隣県をふくめて設定しておくことにより、いち早く情報を把握し、適切な防除作業計画の作成に活用できるという。

また、トップページでの情報発信を強化し、ログイン前のトップページに会員以外も閲覧可能な研修会・講習会、会議、マニュアル等の資料や動画を掲載する機能を追加した。

「アピネス/アグリインフォ」の新トップページと営農情報

「Z-GIS」の機能強化

Z-GISはインターネット上の電子地図とMicrosoft Excelのワークシートを結びつけたGIS(地理情報システム)。土地所有者や作付け品目・品種、生産履歴な
ど、圃場に関する情報管理の効率化を目指して、2018(平成30)年4月にリリースされた。Excel上でのデータ保存・管理のほか、地図上に営農情報を表示したり、圃場地図の印刷などが可能で、データは専用クラウドストレージに保存し、PC/スマートフォン/タブレットなどから閲覧できる。料金は登録圃場数0~1999までは100圃場ごとに月額200円、2000カ所以上は一律月額4000円となっており、無料お試しユーザーを含み約7400件がダウンロードされている。

機能強化の内容としては、「アピネス/アグリインフォ」で提供している1kmメッシュ気象情報の一部をZ-GISでも利用可能になった。Z-GISの地図の中心で気象ボタンをクリックすると、その地域の1kmメッシュ気象情報が表示され、気温変化、降水量、天気予報に加え、任意の期間(たとえば田植えから現在までの積算気温や、任意の積算気温に達する日)の予想など、営農に必要な気象情報が利用可能になる。

(左)1〜3月の気温推移、(右)積算気温到達日の推定

<参考URL>
JA全農
アピネス/アグリインフォ
Z-GIS

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND