NTT初の農業×ICT専業会社「NTTアグリテクノロジー」とサラダボウルが協業

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)が2019年7月(予定)に設立する株式会社NTTアグリテクノロジーと農業法人株式会社サラダボウルは、「次世代施設園芸のトータルソリューション」確立に向け協業する。

サラダボウルの本社がある山梨県中央市にNTTアグリテクノロジーが構える「実証ファーム」において、サラダボウルが独自の農業経営ノウハウ・生産メソッドを、NTTアグリテクノジーがAIIoT等の先端技術を提供する等、両社の強みを活かしていく。

環境制御型ハウスでスマート農業を加速

サラダボウルは、農業の法人経営体がまだ数少ない2004年4月に農業法人の先駆けとして設立。「農業の新しいカタチを創る」という理念のもと、農業に経営マネジメントを導入し、日本全国、及び海外に生産事業を展開してきた。

2015年からは最先端の高度な環境制御システムを備えた次世代園芸施設(高度統合環境制御型大規模グリーンハウス)でのトマト生産(栽培面積3.6ha)を開始し、2019年度までに単独農業法人としては日本最大級となる、全国6カ所、合計栽培面積約14haでトマトの生産を展開する。

今回、次世代施設園芸分野においてICTを活用した農業ビジネスの拡大と地域社会や経済の活性化をめざすNTTアグリテクノロジーとの協業により、AI/IoT等の先端技術の活用による「農業の新しいカタチ創り」をさらに深化させ、農業が地域にとって価値ある産業となることを目指す。

主な協業内容は以下の通り。

「次世代施設園芸のトータルソリューション」確立に向けた取り組み

AI/IoT等の先端技術を用いたNTTアグリテクノロジーの「次世代施設園芸のトータルソリューション」確立に向け、サラダボウル独自の農業経営ノウハウ・生産メソッドを導入するとともに、「実証ファーム」における運営を担う。

NTTアグリテクノロジーの実証ファーム概要

次世代施設園芸の外観イメージ

農業生産者への次世代施設園芸関連ソリューションの提供

NTTアグリテクノロジーの自社圃場において、IoT/AIを活用した高度な環境制御や、環境・生育データの分析による収量予測、生産から販売、 労務管理や経理等のバックオフィスシステムまでの各業務プロセスのデータの統合・相互連携するシステムを活用していく。また、ソリューションの品質向上とノウハウ蓄積を図り、2020年度からは 「次世代施設園芸」のトータルソリューションを提供していく。

NTTアグリテクノロジーとしては、自社圃場の運営や、農業生産者への次世代施設園芸ソリューションの提供を通じ、今後5年間で約100億円規模の農産物の流通を目指す。また、NTT研究所をはじめとするグループのAI技術やエネルギーマネジメント等の多様なアセットの活用、街づくりノウハウ等によりシナジー最大化を図り、農業×ICTを軸とした新しい「街づくり」に向けて、自治体をはじめとした地域の皆様に貢献していく。


<参考URL>
農業法人サラダボウル
NTT東日本

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。