国産プレミアム果樹をドライフルーツ化 「FRUITEST」販売開始

2019年7月1日、D2Cハウスケアブランドを手がける株式会社Unsungs&Webは、最上級の完熟果物のみを原材料とするレア・ドライフルーツ「FRUITEST(フルーテスト)」を発売した。
本来であれば、産地でしか味わえない国産プレミアム品種の旬の風味や香りを、自宅などで手軽に楽しむことができる。

商品イメージ

国産プレミアム果物の旬を届ける「FRUITEST」

同社が考える「最上級の果物」とは、熟練の農家がおいしい国産品種を選び抜き、手塩にかけて育て、完熟のタイミングで収穫した素材そのものだ。日本全国の農家から厳選したプレミア厶品種の完熟果物は、甘みと酸味のバランスはもとより、香りが別格だという。

これらの完熟果物の風味を最大限に閉じ込めるために、同社では特殊な製造方法である「レアドライ」を採用。果物本来のみずみずしさやおいしさをできる限り保ったまま凝縮し、旬の果物が持つ風味や香りを最大限に引き出すための仕上げを施している。



果物のフレッシュ感を残しながらも、「FRUITEST」ならではの新たな味わいがあり、賞味期限は約1年間保たれるとのこと。「レアドライ」の技術により、これまでは短い旬の時期を中心に産地でしか味わえなかった一瞬のおいしさを、季節や旬に限らず一年中楽しむことが可能となる。


日本が誇るプレミアム品種を世界へ

国産プレミアム品種の甘みや酸味、香りは、日本が誇るべき技術力の賜物とはいえ、果物の旬はほんの一瞬に限られている。

香りや風味が最も濃厚に感じられる完熟果物は、流通過程において熟度が進むために腐敗や荷痛みなどが起きやすく、一般的な青果流通では取り扱い自体が難しい。日持ちや鮮度に注意しなければならない果物は、十分に熟さないまま消費されているのが現状だ。

これらを背景に、同社は「レアドライ」の手法で完熟果物の旬のおいしさを閉じ込め、果物本来の風味と香りを残したレア・ドライフルーツブランド「FRUITEST」を創出。日本の技術力と文化を生かしたCrafted in Japanブランドの1つとして、国内外を問わず世界中の人々に食べてもらうことを想定している。

2019年7月には第一弾として、フルーツ王国の山梨県や岡山県から厳選した国産プレミアム6品種のレア・ドライフルーツと、ギフトや手土産向けにギフトボックス入りのセット商品を発売した。



ギフトセット(3個セット)



Unsungs&Webでは、同月発売の6品種を皮切りに、今後は日本各地の四季折々の果物をレア・ドライフルーツ「FRUITES」としてブランド化していく。

2019年8月には桃やネクタリン、2020年冬にはイチゴや柑橘類などの果物品種を商品ラインアップに追加し、2020年のうちには全国15~20品種のレア・ドライフルーツを販売する見通しだ。


「FRUITEST」商品概要

【レアドライ シャインマスカット】
産地:山梨県笛吹市
内容量:8個
価格:税別2,000円

【レアドライ ピオーネ】
産地:山梨県韮崎市
内容量:10個
価格:税別1,700円

【レアドライ マスカットオブアレキサンドリア】
産地:岡山県岡山市
内容量:8個(16粒)
価格:税別2,000円

【レアドライ 巨峰】
産地:山梨県山梨市
内容量:12個
価格:税別1,600円

【レアドライ 貴陽】
産地:山梨県南アルプス市
内容量:9個
価格:税別1,600円

【レアドライ 甲州百目】
産地:山梨県山梨市
内容量:7個
価格:税別1,800円


シャインマスカット

ピオーネピオーネ

貴陽(すもも)

甲州百目甲州百目

<参考URL>
FRUITEST
株式会社Unsungs&Web
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。