国産プレミアム果樹をドライフルーツ化 「FRUITEST」販売開始

2019年7月1日、D2Cハウスケアブランドを手がける株式会社Unsungs&Webは、最上級の完熟果物のみを原材料とするレア・ドライフルーツ「FRUITEST(フルーテスト)」を発売した。
本来であれば、産地でしか味わえない国産プレミアム品種の旬の風味や香りを、自宅などで手軽に楽しむことができる。

商品イメージ

国産プレミアム果物の旬を届ける「FRUITEST」

同社が考える「最上級の果物」とは、熟練の農家がおいしい国産品種を選び抜き、手塩にかけて育て、完熟のタイミングで収穫した素材そのものだ。日本全国の農家から厳選したプレミア厶品種の完熟果物は、甘みと酸味のバランスはもとより、香りが別格だという。

これらの完熟果物の風味を最大限に閉じ込めるために、同社では特殊な製造方法である「レアドライ」を採用。果物本来のみずみずしさやおいしさをできる限り保ったまま凝縮し、旬の果物が持つ風味や香りを最大限に引き出すための仕上げを施している。



果物のフレッシュ感を残しながらも、「FRUITEST」ならではの新たな味わいがあり、賞味期限は約1年間保たれるとのこと。「レアドライ」の技術により、これまでは短い旬の時期を中心に産地でしか味わえなかった一瞬のおいしさを、季節や旬に限らず一年中楽しむことが可能となる。


日本が誇るプレミアム品種を世界へ

国産プレミアム品種の甘みや酸味、香りは、日本が誇るべき技術力の賜物とはいえ、果物の旬はほんの一瞬に限られている。

香りや風味が最も濃厚に感じられる完熟果物は、流通過程において熟度が進むために腐敗や荷痛みなどが起きやすく、一般的な青果流通では取り扱い自体が難しい。日持ちや鮮度に注意しなければならない果物は、十分に熟さないまま消費されているのが現状だ。

これらを背景に、同社は「レアドライ」の手法で完熟果物の旬のおいしさを閉じ込め、果物本来の風味と香りを残したレア・ドライフルーツブランド「FRUITEST」を創出。日本の技術力と文化を生かしたCrafted in Japanブランドの1つとして、国内外を問わず世界中の人々に食べてもらうことを想定している。

2019年7月には第一弾として、フルーツ王国の山梨県や岡山県から厳選した国産プレミアム6品種のレア・ドライフルーツと、ギフトや手土産向けにギフトボックス入りのセット商品を発売した。



ギフトセット(3個セット)



Unsungs&Webでは、同月発売の6品種を皮切りに、今後は日本各地の四季折々の果物をレア・ドライフルーツ「FRUITES」としてブランド化していく。

2019年8月には桃やネクタリン、2020年冬にはイチゴや柑橘類などの果物品種を商品ラインアップに追加し、2020年のうちには全国15~20品種のレア・ドライフルーツを販売する見通しだ。


「FRUITEST」商品概要

【レアドライ シャインマスカット】
産地:山梨県笛吹市
内容量:8個
価格:税別2,000円

【レアドライ ピオーネ】
産地:山梨県韮崎市
内容量:10個
価格:税別1,700円

【レアドライ マスカットオブアレキサンドリア】
産地:岡山県岡山市
内容量:8個(16粒)
価格:税別2,000円

【レアドライ 巨峰】
産地:山梨県山梨市
内容量:12個
価格:税別1,600円

【レアドライ 貴陽】
産地:山梨県南アルプス市
内容量:9個
価格:税別1,600円

【レアドライ 甲州百目】
産地:山梨県山梨市
内容量:7個
価格:税別1,800円


シャインマスカット

ピオーネピオーネ

貴陽(すもも)

甲州百目甲州百目

<参考URL>
FRUITEST
株式会社Unsungs&Web
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。