AGRI SMILE、JAさがえ西村山・はが野と連携してバイオスティミュラントの圃場検証を開始

株式会社AGRI SMILEは、山形県のJAさがえ西村山および栃木県のJAはが野の管内において、バイオスティミュラント資材を活用した圃場検証を開始した。

減肥区においても作物の収量を維持できること、および作物障害を減らすことが目的で、適切な栽培条件や資材の使用方法を確立し、生産者が安心してバイオスティミュラントを利用できるようになることを目指していくという。


ビール酵母の成分を抽出したバイオスティミュラント資材を利用


AGRI SMILEは、農林水産省の「みどりの食料システム戦略」に基づき、化学肥料の使用を削減するバイオスティミュラント資材の活用を進めている。特に、食品残渣を原料とした残渣型バイオスティミュラント資材は、農業生産の拡大と環境保全の両立を実現する画期的な技術として期待されている。

JAさがえ西村山は、日本一のさくらんぼの産地として知られているが、昨今の異常気象により、降霜被害や結実が不安定となる問題が浮上しているという。

また、水稲では登熟期の高温または低温による品質・収量の低下が課題となっており、なすの生産においては連作障害、りんごについては実割れや着色不良などが発生している。

一方、JAはが野は、日本一の生産量を誇るいちご「とちおとめ」をはじめ、園芸作物や米穀類の生産が盛んに行われている地域。なかでも、主力品目であるいちごの新品種は、とちおとめと比較して収量が多いものの窒素吸収量も多く、近年の化学肥料の高騰を受け、化学肥料の低減に向けた取り組みが喫緊の課題となっている。

また、たまねぎの産地においては、連作や堆肥の過剰施用による生産性低下や病害、アスパラガスでは茎枯病や斑点病が発生している。

今回の圃場検証は、農林水産省が実施する「グリーンな栽培体系への転換サポート」事業に採択されている。これは、環境負荷の低い栽培技術と省力化に資する技術の普及に向けて栽培マニュアルと産地戦略を策定する事業で、環境に配慮しながら栽培体系の見直しや課題解決に取り組む産地の支援を行うもの。

詳しい検証内容は、以下のとおりだ。

検証作物
JAさがえ西村山:さくらんぼ、もも、りんご、なす、水稲
JAはが野:アスパラガス、たまねぎ、いちご

圃場検証の内容
・減肥条件(慣行区または減肥区)とバイオスティミュラント資材施用の有無を掛け合わせた試験区を設け、各試験区の収量・品質・生育を比較検証。
・生育評価や、植物元素解析・土壌菌叢解析等のバイオインフォマティクスによる評価を踏まえ、減肥下でも収量や品質が低下せず、維持または向上できるのかを確認。
・初年度はビール酵母の成分を抽出したバイオスティミュラント資材を使用し、2年目以降はビール酵母資材に加え、JAはが野においてはAGRI SMILEが開発した残渣型バイオスティミュラント資材を使用する。

なお、JAさがえ西村山では1作目の検証を実施し、今後も検証を継続していく予定で、JAはが野においては現在検証中とのこと。

JAはが野 代表理事組合長 国府田 厚志氏のコメント

足元、病害の発生が課題となっているため、収量と品質を向上させることができるバイオスティミュラント資材がこれら病害発生の予防にも貢献することに大きな期待を寄せています。当組合は、昨年AGRI SMILEが主導して立ち上げた「バイオスティミュラント活用による脱炭素地域づくり協議会」において、BS栽培検証コンソーシアムの代表を務めていることもあり、今回の取り組みは当組合にとって最重要取り組みの一つと位置付けています。また、当組合はこれまでもバイオスティミュラント資材を先行利用してきましたが、その効果にばらつきがあり、適切な栽培条件の特定には至っておりませんでした。この点についてもAGRI SMILEの技術力に期待しているところです。今後、AGRI SMILEとともにバイオスティミュラントの検証実績を重ね、生産者が安心して利用できるようにすることが目標です。私たちの取り組みが、日本全国の産地に広く知られることで、バイオスティミュラントの普及に寄与できればと思っています。

株式会社AGRI SMILE 代表取締役 中道 貴也氏のコメント

JAさがえ西村山様とJAはが野様は、収量向上や病害対策といった産地の課題解決に向けて真摯に取り組まれようとされており、今回の取り組みが両JA様の課題解決に貢献できることを非常にうれしく思っております。当社が開発を進める食品残渣型バイオスティミュラントの普及の足がかりとして、今回の取り組みのようにバイオスティミュラント資材の有効性や作用メカニズムを産地の皆様とともに確認していくプロセスは非常に重要なプロセスだと考えます。今後もこのような取り組みを全国の各産地で実施することにより、生産者様の化学肥料低減と所得向上に貢献するとともに、ECサイトを通じた産地ブランディング等による地域経済活性化も推進して参ります。


株式会社AGRI SMILE
https://agri-smile.com/
JAさがえ西村山
https://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/index.html
JAはが野
https://www.ja-hagano.or.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便