ヤンマーマルシェとNTT Com、「水稲栽培における中干し期間延長」 によるJ-クレジットの販売を開始

ヤンマーマルシェ株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、NTT Comが2024年1月26日に開催された「第58回J-クレジット制度認証委員会」においてJ-クレジットの認証を取得したことを受け、J-クレジットの販売を開始したと発表した。

両社は、水稲栽培における水田の中干し期間延長によるJ‐クレジットの創出や申請をサポートすることで、新たな農業モデルの構築を目指していく。


J-クレジット創出により持続可能な農業経営の実現へ


ヤンマーマルシェは、食材の生産から加工・流通・消費まで、食のバリューチェーンを一貫して支えるテクノロジーとサービスを提供する企業。長年培ってきたネットワークを活用し、生産物の付加価値向上や生産者と実需者のマッチングを行っている。

NTTコミュニケーションズは、通信事業者ならではのインフラを活かし、ネットワークやクラウドなどICTサービスを展開していて、気温・湿度・水位といった環境データを取得する農業向けのITセンサー「MIHARAS」の提供も行っている。

農林水産省では、持続可能な農業の実現に向け「みどりの食料システム戦略」を掲げており、その一環としてJ-クレジットの方法論のひとつである「水稲栽培における中干し期間延長」を策定した。J-クレジット制度とは、温室効果ガスの排出削減量を「クレジット」として国が認証し、取引を可能にするものだ。

両社は、この方法論に基づいた水稲栽培を行うことで、温室効果ガスの排出量削減や創出されたJ-クレジットの流通による新たな農業モデルの構築を目指している。両社の役割は以下のとおり。

NTTコミュニケーションズ
IoTセンサーやアプリを提供してJ-クレジット申請のサポートを行うことで、生産者の管理負担を軽減する。

ヤンマーマルシェ
営農支援と収穫した米のブランディング支援を行い、J-クレジット申請における生産者の負担軽減やビジネス拡大に貢献する。

2023年には、ヤンマーマルシェが契約する福井県と滋賀県の生産者の圃場において、多収・良食味米品種「にじのきらめき」を対象に中干し期間延長を実施し、J-クレジットの創出に取り組んできた。その結果、杉の木約5000本が1年間に吸収する量に相当する44t-CO2を削減できたという。また、収穫された玄米の品質は、一等米比率100%となっている。


参加した生産者の声:株式会社レイクスファーム(滋賀県)
「自然を相手にする私たちにとって、環境への配慮は今後の農業の持続を考える上で重要であり、中干し延長のような環境負荷低減に貢献する農法は積極的に取り入れたいと考えていました。昨今農業にさまざまな課題がある中、ヤンマーマルシェさんと今回一緒に取り組むことができ、とても心強く感じています。共に明日の日本の食と環境を支えるパートナーとして今後も宜しくお願いします」


参加した生産者の声:旭農園(福井県)
「中干し延長は、水稲栽培において排出されるメタンガスの発生を削減し、環境への影響を減らす仕組みとして効果が期待されています。今後、農家が環境に配慮した活動を行うことで、J-クレジットを取得できることは持続可能なビジネスモデルの一つの例として考えられるのではないかと思います」

今回の取り組みで収穫されたお米は、2024年4月にNTTドコモのdショッピングにて販売が開始される。また、株式会社StoryCrewと共同で、都内を中心にお弁当の販売も予定しているという。

今後は、福井県と滋賀県に加えて、青森県や新潟県、島根県など全国のパートナー生産者に「水稲栽培における中干し期間延長方法論」を用いた農法展開し、温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいく。


ヤンマーマルシェ株式会社
https://www.yanmarmarche.com/
NTTコミュニケーションズ株式会社
https://www.ntt.com/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便