オプティム、ベトナム国営通信グループ「VNPT」とAIサービス、スマート農業分野で業務提携

株式会社オプティムは、ベトナムの国営通信グループ「Vietnam Posts and Telecommunications Group」と、ベトナムにおけるAIサービスおよびスマート農業分野における業務提携に関する覚書(MOU)を締結した。

VNPT President & CEO Pham Duc Long氏(右)とオプティム 代表取締役社長 菅谷俊二氏

オプティムはこれまでAI・IoTビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして、農業分野や医療分野、建設分野などで「OPTiM Cloud IoT OS」を用いて、「第4次産業革命」を各分野に実現すべく、AIやIoTの活用を推進してきた。特に農業分野において、ピンポイント農薬散布・施肥テクノロジーに関する基本特許を取得し、国内を中心にスマート農業事業に取り組んでいる。

またVNPTは、ベトナム国営であり最大手(※)の通信グループとしてベトナム経済の発展のために、ICTインフラの設置・整備・およびインターネット普及などに取り組んでおり、近年では、AIを活用したスマートシティプロジェクトを発足し、スマート観光旅行、e-health、スマート交通、スマート農業に関する取り組みを開始している。

菅谷氏によるスピーチの様子

今回の業務提携では、オプティムが提供する「OPTiM AI Camera」などのAIサービスをカスタマイズした上で、ベトナムの各種店舗や施設へ導入し、マーケティング、セキュリティなどの領域で支援するサービス展開を目指す。また、スマート農業事業に関しては、米を中心に農産物の一大産地であるベトナムに、ピンポイント農薬散布テクノロジーおよびピンポイント施肥テクノロジーを導入することで農産物の生産性と品質を向上し、安心・安全な農産物の安定的な生産体系構築を目指すとしている。

両社のシナジーを最大限に発揮し、高度なAI技術を応用したベトナムにおける「OPTiM AI Camera」サービス、スマート農業事業の展開を通じて、現地の産業の発展と人々の健やかな暮らしの実現に貢献していく。

MOUを調印した時の様子

※2017年7月7日VNPT調べ、固定ブロードバンド市場において。http://www.vnpt.vn/en/News/NewsEvents/View/tabid/219/newsid/46714/seo/VNPT-accounts-for-47-of-the-fixed-broadband-market/Default.aspx

<参考URL>
Vietnam Posts and Telecommunications(ベトナム公式サイト)
株式会社オプティム


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。