オプティム、ベトナム国営通信グループ「VNPT」とAIサービス、スマート農業分野で業務提携

株式会社オプティムは、ベトナムの国営通信グループ「Vietnam Posts and Telecommunications Group」と、ベトナムにおけるAIサービスおよびスマート農業分野における業務提携に関する覚書(MOU)を締結した。

VNPT President & CEO Pham Duc Long氏(右)とオプティム 代表取締役社長 菅谷俊二氏

オプティムはこれまでAI・IoTビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして、農業分野や医療分野、建設分野などで「OPTiM Cloud IoT OS」を用いて、「第4次産業革命」を各分野に実現すべく、AIやIoTの活用を推進してきた。特に農業分野において、ピンポイント農薬散布・施肥テクノロジーに関する基本特許を取得し、国内を中心にスマート農業事業に取り組んでいる。

またVNPTは、ベトナム国営であり最大手(※)の通信グループとしてベトナム経済の発展のために、ICTインフラの設置・整備・およびインターネット普及などに取り組んでおり、近年では、AIを活用したスマートシティプロジェクトを発足し、スマート観光旅行、e-health、スマート交通、スマート農業に関する取り組みを開始している。

菅谷氏によるスピーチの様子

今回の業務提携では、オプティムが提供する「OPTiM AI Camera」などのAIサービスをカスタマイズした上で、ベトナムの各種店舗や施設へ導入し、マーケティング、セキュリティなどの領域で支援するサービス展開を目指す。また、スマート農業事業に関しては、米を中心に農産物の一大産地であるベトナムに、ピンポイント農薬散布テクノロジーおよびピンポイント施肥テクノロジーを導入することで農産物の生産性と品質を向上し、安心・安全な農産物の安定的な生産体系構築を目指すとしている。

両社のシナジーを最大限に発揮し、高度なAI技術を応用したベトナムにおける「OPTiM AI Camera」サービス、スマート農業事業の展開を通じて、現地の産業の発展と人々の健やかな暮らしの実現に貢献していく。

MOUを調印した時の様子

※2017年7月7日VNPT調べ、固定ブロードバンド市場において。http://www.vnpt.vn/en/News/NewsEvents/View/tabid/219/newsid/46714/seo/VNPT-accounts-for-47-of-the-fixed-broadband-market/Default.aspx

<参考URL>
Vietnam Posts and Telecommunications(ベトナム公式サイト)
株式会社オプティム


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。