農場設計から始まる果樹収穫ロボット開発──銀座農園株式会社(前編)

銀座農園株式会社は2009年の創業からトマトや梨を作るだけでなく、東京・有楽町の交通会館前をはじめ首都圏各所でマルシェを展開し、全国の農家に都心での販売拠点を提供してきた。さらに自社や契約農家の野菜や果物を原料にした漢方ジュースのバーを銀座で営業する。一貫してフードバリューチェーンの構築に尽力してきた同社。それが突如としてロボットビジネスに参戦するという。

造ろうとしているのは果樹の収穫ロボット。開発の拠点となるのは福島県、そしてイスラエル。それぞれの地で別のタイプを造り、2020年にも実用化するそうだ。狙いはどこにあるのか。物流やインフラ点検、大規模災害時などに活躍が期待できるロボットの一大研究拠点「福島ロボットテストフィールド」(南相馬市)で飯村一樹代表に聞いた。

栽培システムを農業ロボットに合わせる

──どうして果樹収穫ロボットの開発を始めることになったんですか。

少しさかのぼって話をしていきます。我々は2012年からシンガポールに進出して現地でフルーツトマトの生産を始めました。農法は根域制限栽培のアイメック農法(特殊なフィルムを用いて水分供給量を制限することで、高糖度の野菜や果物を栽培する技術)。計画ではまずはシンガポールで実績を残し、いずれアジア各地に展開しようと思っていたのですが、雇っていた技術者が辞めてしまうと栽培計画をゼロから練り直すことになったり、海外での長期滞在が長期化すると家族の反対もあったりと、日本人技術者に農業技術を帰属させる形での海外展開に限界を感じました。

そんな時、茨城の実家で新しい樹形で梨の栽培を始めたのです。通常は棚状に仕立てていくところをY字型にする。これだとロボットでも収穫しやすいので、自分たちで農業ロボットを造ってみようとなった。それで昨年、福島県からロボット開発事業費をもらうなどして、研究開発をしているところです。ロボットならばデータを蓄積していくことができますから。

──ロボットに樹形を合わせるという発想が面白いですね。

そうですね。僕は農業を始める前は建築業界にいて、一級建築士の資格も取っていたので、農場の合理的な配置を設計する癖がついているんです。

──Y字はどのくらいの角度になるんですか。

神奈川県農試は60度を推奨していますが、僕らはロボットがより取りやすいように45度を試すつもりです。ただ、Y字がベストだとは思っていませんので、筑波大学とさらなるロボットに合わせた樹形の可能性について研究を進めています。例えば、側枝をT字型にして横にきれいに並べる。この場合、ロボットは下から上にある果実を画像認識して取っていくことになります。

──Y字とT字とでは果実の取り方が変わってきますよね。

そうなんです。ただ、いずれにせよ人間と同等に10秒以内に果実を摘み取ることを目指しています。それにはアームを多関節にしてはだめ。動き出してから収穫するのに、間接数が多いほど時間がかかってしまいますし、コストが高すぎる。我々はせいぜい二軸か三軸で済ませ、動き出してすぐに果実を収穫できるようにしたい。樹形としてはおそらくT字のほうが軸が少なくてコストが安くて済むのかなと思っています。


次回は、銀座農園の農業ロボット開発のさらなる展望と、その先に見据えるデータプラットフォームの構築についてお伝えする。

<参考URL>
銀座農園
福島ロボットテストフィールド

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。