井関農機、4社の生育管理・診断サービスの取り扱いを開始

井関農機株式会社は、ベジタリア株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社の4社が取り扱う生育管理・生育診断商品の提供を開始する。

井関農機はこれまで、業界初の可変施肥田植機の市場投入や作業・機械管理システム「アグリサポート」「スマートファーマーズサポート」の提供のほか、農業ICTツール「アグリノート」(ウォーターセル株式会社)との機械連携など他社商品との連携にも取り組んできた。

今回、これらの展開に加え、各企業が取り扱う生育診断・生育管理商品の提供を開始することで、水稲作におけるスマート農業機械化一貫体系を提案していく。提供開始は2019年4月中を予定している。


■各サービス、商品の詳細

1. ベジタリア株式会社 「PaddyWatch(パディーウォッチ)」「FieldServer」「FieldCam」

水田センサー「PaddyWatch」は、水稲圃場の水位・水温を計測し遠隔からの監視が可能になり水管理の省力化効率化を図ることができる。
農業用センサリングシステム「FieldServer」は、気象計や土壌複合センサー、CO2センサー等栽培作物によってセンサーを付け替えることができ、栽培時期の予測や肥培管理、病害虫の発生予測等に役立てることができる。
乾電池式IoTカメラ「FieldCam」は、どこにでも簡単に設置できるIoTカメラを圃場に置くことで遠隔地からの育成を確認することができるとともに、赤外線センサーで鳥獣害の被害対策にも活用できる。


2. 積水化学工業株式会社 「水(み)まわりくん+エアダスバルブ」

水田水管理省力化システム「水まわりくん+エアダスバルブ」はパイプライン用の自動給水システム。自動で給水栓を開閉する事により、水田に行く回数を減らすことができるため、 大幅な水管理作業の省力化が実現する。
加えて、適切な水管理による米の品質向上効果や収穫量の増加、掛け流し防止による節水効果等が期待できる。主な特長として、開閉トルクの小さい「エアダスバルブ」との組合せによるコンパクト構造や、 タイマー型・リモコン型・遠隔操作型のラインアップがあり、コスト面や経営規模等の観点からお客様のニーズに沿った選択が可能。


3. 株式会社スカイマティクス 「いろは(IROHA)」

葉色解析クラウドサービス「いろは」は、葉色画像の診断・管理をインターネットを通じて簡単に行うことができるサービス。ドローンにより撮影された画像を「いろは」にアップロードすることで、圃場内の位置に合わせて自動的に配置、記録される。
また、クラウドサービス上に用意された生育診断機能を利用することで作物の生育状況や病気や害虫、雑草といった農地の状況などを画像ごとに記録することができる。毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生育管理を実現。
また、本サービスは、スカイマティクス社自身が開発する専用ドローンのほか、市販されたドローンにも対応している。


4. 国際航業株式会社 「天晴れ」

営農支援サービス「天晴れ」は、人工衛星やドローンから撮影した圃場の画像を解析し、 農作物の生育状況を診断してお知らせするサービス。
食味を左右するたんぱく含有率や籾水分率等の知りたい情報を刈り取り前に把握でき、品質ごとの刈分けや最適な刈り取り時期の設定が可能になるとともに、農作業時間、コストの低減につなげることが期待できる。さらに、籾水分率の情報を活用することで胴割れ軽減など品質の維持・向上を図る。
衛星等のデータを用いるため初期投資不要(サービス利用分のみ)。依頼したタイミングの適期にデータを入手することができる。

<参考URL>
井関農機株式会社

葉色解析サービス「いろは」、年額1万2000円の新料金でより使いやすく | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。