「農業を感動産業に」データ農業でコマツナからイチゴへ転換 〜中池農園(後編)

中池農園(広島市)は2020年産からイチゴの栽培を始めると同時に観光農園を開園した。目指すのは農業を通じた「感動産業」の創出。人に喜びをもたらす経営の姿とは。

1年目から好成績をあげられた鍵となるデータの活用についても紹介する。

観光農園を始めた中池さん

コマツナ暴落への危機感


2021年の真夏に中池農園を訪ねると、イチゴを栽培する施設を増設する工事の最中だった。2020年産に3棟だったのを9棟に増やすという。

増棟中のイチゴの園芸施設
代わって減らすのは主力だったコマツナ。その理由は「市場での相場がもやしみたいな扱いになっているから」。こう説明する中池さんによると、広島市は過去20年近くにわたってコマツナを生産する農家を育成してきた。その人数は毎年2、3人。このためコマツナの生産が過剰になり、価格が崩れ始めているという。

事実、中池農園ではコマツナの利益率は5%にまで下がっている。

「このままコマツナを作り続けていくのは怖いなと思いました。では、何を作ればいいのか。日本はものであふれかえっている。人々が求めるのは感動なのかなと。『心に残るもの=感動産業』が、これからくるのではないか。それなら、イチゴを食べて感動してもらおうと」

イチゴを選んだのは広島県では競合相手が少ないこともある。

「この周囲でイチゴを作っている農家がほぼいない空白地帯です」


データに基づき、イチゴ農園で10aの売上1000万円


2021年度は9棟でイチゴの高設栽培を始めた。驚くのはその売上だ。10a換算で1000万円。1年目からこれだけの実績をあげられたのは全国でもごくわずかだろう。好結果を残せた理由について、中池さんは「データに基づくコンサルタントからの適切な指導があったから」だと説明する。

コンサルタントとは埼玉県春日部市の中村商事。環境制御機器の販売や活用について指導するほか、自らもイチゴの観光農園を経営している。その指導方法は、顧客が管理する園芸施設の環境データをパソコンやスマートフォンで常に把握しながら、必要に応じてLINEや電話で助言するというもの。

中池農園でも温度や湿度、地温、風向、風速、CO2、日射量等を計測するセンサーを設置している。収集したデータは中池さんだけではなく中村商事も閲覧できるようになっている。

「いい先生につけるかどうかが大事だと思いました」(中池さん)


インバウンド向け観光農園がコロナ禍で僥倖に


2020年産は3月初旬まで収穫して市場へ出荷した。それ以降は土日祝日と水曜日を観光農園「モグベリー」として開園し、それ以外は収穫して市場へ出荷した。

観光農園にはトイレが整備されている。見せてもらうと、案内板に繁体字と簡体字、ハングル文字で表記されていることに気づいた。


広島県がインバウンドの拡大を図るための補助事業を活用したそうだ。しかし、コロナ禍で外国人観光客の来場者はまったくなかった。

その一方で旺盛だったのは、県内からの来場者だ。

「開園した時期が、県から県を超えた往来を控えてほしいというお願いが出るなど、ちょうど密を避けるころと重なった。コロナ禍での需要にあてはまったのかなと思います」

定員人数は当初120人にしていたのを150人にまで増やしていった。それでも定員以上の予約があり、断るほどだったという。3月初旬に開園してから閉園するまでの約3カ月間の来場者数は延べ約2500人、売上は約380万円に達した。


品種と販路の見直しで来期の売上目標は1200万円


中池農園の観光農園「モグベリー」
観光農園と市場出荷のそれぞれの利益率についてはデータがないものの、「観光農園のほうがずっと儲かります」と中池さん。

そこで2021年産は観光農園に力を入れる。そのために園芸施設を増築していることはすでに述べた通り。さらに品種と販路を見直して、売上を伸ばしていく。

品種については2020年産で採用したのは「章姫(あきひめ)」「紅ほっぺ」「よつぼし」の3つ。このうち「よつぼし」を選んだのは種子繁殖型だからだ。初年度ということで苗の管理をする暇がなかったのである。ただ、収量は他の両品種の「4分の3くらいの感じだった」。2021年産では「よつぼし」の比率を減らして増収を図る。

販路については、市場への出荷を減らしていき、代わりに直売を増やしていく。直売する方法としては観光農園や自社のECを活用する。売上の目標は10a当たり1200万円と、2020年産の2割増しだ。

既述した通り、中池さんが観光農園に力を入れたいのは、「感動産業」をつくりたいからでもある。その手ごたえは1年目にすでに確かめられたという。

「40代くらいの夫婦が3回も来てくれて。聞いてみたら、『心地いいからここは好きなんだ』って言ってくれたんです。それはうれしかったですね」

また、中池さんには3人の子どもがいる。コロナ禍で自粛が続く中、自分の子どもたちが自身の農園でイチゴ狩りを楽しんでくれたことも励みになったという。

「人の喜びを自分の喜びと感じられる経営をつくりたい」と語る中池さん。これからが楽しみである。


小松菜・ほうれん草なら広島市の中池農園 | 広島市・安芸高田市で小松菜・春菊・ほうれん草を生産する農家です。
http://nakaikefarm.com/
広島のいちご狩り モグベリー(mogberry)
https://mogberry.com/
明日の農業を考える|農業資材|温室|胡蝶蘭苗|中村商事有限会社|埼玉県春日部市
http://hiro-orchid.co.jp/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  3. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  4. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  5. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集