【関西農業ワールドレポート】日本の農業を変える様々なアイデア機器

5月9日からインテックス大阪で開幕した関西農業ワールド2018のレポート。3回目は、ITに限定しない、注目すべきアイデアや技術の展示をご紹介する。

農家の腰をやさしく支えてくれる存在 ──株式会社イノフィス

東京理科大学発のベンチャー企業、株式会社イノフィスが手がけるのは、電源を使わない腰補助用アシストスーツ「スタンドアローン」。荷物の上げ下ろしなどで腰にかかる負担を軽減してくれる。


電気を用いたいわゆるロボットではなく、充電などを行わずに空気の力を使っているところが、メカに馴染みがない高齢の農家が多い現状では非常にうれしい。同時に、軽量に作れるところもメリットだ。

介護サービスなどにも活用されているとのことで、こうした作業負担軽減のための機器もこれからさらに増えてきそうだ。


スマホ&無料で作業実績を管理 ──イーサポートリンク株式会社

イーサポートリンクの無料スマートフォンアプリ「農場物語」は、日々の作業状況や農薬の使用状況などを記録できるアプリだ。


なんといっても無料なのが一番のポイント。PCでも利用したい場合は月額200円、作業分担やGPSによる圃場内の収穫場所の指定などのオプションを使いたい場合は+月額200円と、非常に安価にクラウドサービスが使える。

また、農薬情報があらかじめ記録されているため、何回使っていいのか、収穫までに何日間を要するのかといった情報をいちいち調べなくてもアプリ上で確認できる。日々入力しておくことでGAP認証などに必要な書類作成にも活用できるため、将来的にGAPを取得することを目指す人はもちろん、単に農薬の最新情報を入手したいという人にとっても役立つだろう。


農業専門のクラウドファンディング ──株式会社マイナビ

「マイナビ農業」でおなじみの株式会社マイナビは、クラウドファンディングサービスの「クラウドマルシェ」をスタート。農業分野に特化し、幅広いターゲットに向けて、販売チャネルの拡大などに結び付けられる。


農業に関してのアイデアや、農業で実現したい夢、資金を集めたいといった声を実現するために、賛同の思いがある方々からの出資を受けるという仕組みがクラウドファンディングだ。実際に動いているプロジェクトを挙げると、伝統野菜の復活、農業の学校開校、地元アイドルとの農業体験ツアーといったもの。これ以外にも様々なアイデアが登場している。

資金を集めることは決して簡単なことではないが、農作物を作った先にある事業化やブランド化といった6次産業化を目指す農家にとって、非常に興味深いサービスだ。


無線&電源なしで使えるモニタリングサービス ──ボッシュ株式会社

自動車業界をはじめ、様々な業界で活躍するボッシュ株式会社が開発したのは、病害予測機能搭載モニタリングサービス「Plantect(プランテクト)」だ。3つの無線センサーを配置することで、スマートフォンからハウス内の環境と病害のリスクを確認できる。


本国ドイツで開発された製品かと思いきや、このPlantectは日本法人が企画・開発したもの。特徴は、ネットワークや電源の配線が必要ないワイヤレス&バッテリー方式という点だ。設備投資なしですぐに始められ、必要なのは月額管理費のみ。モニタリングには独自のAI技術を活用し、この3つのセンサーが1セットとなって、92%の制度で病気の発生を予測できるという。

ハードウェアの管理が苦手な人でも導入しやすいところは、高齢化が著しい日本の農業界にとって非常に大きなメリット。すでにかなりの数の申し込みがあるという。


駆け足で注目ソリューションを紹介してきたが、今回紹介した以外にも、植物工場の実現や6次産業化のサービス、直販システムなど、様々な次世代農業に関わる展示がされている。製品の価格や規模も大企業向けから個人農家まで範囲が広く、本当にあらゆる農業関係者に向けた情報発信がされていたという印象だ。

一つ言えるのは、「スマート農業スマートアグリ)」という言葉や、AI・IoT・ビッグデータといったテクノロジーが、急速なスピードで身近なものになりつつあるということだ。以前ならば技術を理解できるだけの知識が使う側にも求められたが、高齢化が進んでいる日本においては特に、より使いやすく、わかりやすい内容になってきている。誰もが当然のようにスマート農業の恩恵を受けられる日は、そう遠い日のことではなさそうだ。

関西農業ワールドは残すところあと一日。ぜひ有用なスマート農業ソリューションを見つけ出してほしい。

<参考URL>
スタンドアローン|株式会社イノフィス
https://innophys.jp/
農場物語|イーサポートリンク株式会社
https://www.e-supportlink.com/service/farmstory/
クラウドマルシェ|株式会社マイナビ
https://crowd-marche.agri.mynavi.jp/
Plantect|ボッシュ株式会社
https://corporate.bosch.co.jp/products-and-services/industry-and-trades/plantect/
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND