セブ島で壊したドローンを修理するまで……【とある東大院生の海外放浪記】

現在フィリピンはセブ島に滞在しています。東京大学大学院休学中の奥部諒です。
セブ滞在の目的は語学習得、ドローンによる空撮、フィリピンの食事情を肌で感じるという3点です。

前回のコラムで、セブ島に来て2週間でドローン(DJI Mavic Air)の羽を壊してしまい、セブ島でなんとかスペアパーツを入手しようとしたが結局入手できなかったという話をさせて頂きました。

今回はその続編ということで、その後どうやってドローンのスペアパーツを入手したかということをお伝えできればと思います。

オンラインショップで購入可能

Lazada(ラザダ)というオンラインショッピングサイトをご存じでしょうか?


日本では主に楽天、Amazonなどが主流のため有名ではありませんが、ここフィリピンを含む東南アジア地域では非常に有名なオンラインショッピングサイトです。

調べたところによると、LazadaはAmazon.comなどの米国企業のシェアが低い東南アジアの新興国中心に市場を展開しており、シンガポール、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムなどで高いシェアを獲得しているようです。また、中国のアリババグループの傘下にあり、シンガポールを拠点に大型の資金投入を行っている、現在成長中のサービスです。

現地の方に「オンラインショッピングといえば?」と質問すると「Lazada」と返ってくるほど、フィリピンでは浸透しています。

品揃えも豊富で、現地のモールでは手に入りにくいようなものも数多く扱っているので、フィリピンに長く滞在する予定の人には非常に便利なサービスだと思います。


セブに長く滞在しているドローン好きの友人からこのサイトを教えてもらい、ショッピングモールで手に入らなかったMavic Airのスペアパーツの購入を試すことにしました。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【コラム】世界のドローン事情・食事情ルポ 〜とある東大院生の海外放浪記〜
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。