セブ島で壊したドローンを修理するまで……【とある東大院生の海外放浪記】

現在フィリピンはセブ島に滞在しています。東京大学大学院休学中の奥部諒です。
セブ滞在の目的は語学習得、ドローンによる空撮、フィリピンの食事情を肌で感じるという3点です。

前回のコラムで、セブ島に来て2週間でドローン(DJI Mavic Air)の羽を壊してしまい、セブ島でなんとかスペアパーツを入手しようとしたが結局入手できなかったという話をさせて頂きました。

今回はその続編ということで、その後どうやってドローンのスペアパーツを入手したかということをお伝えできればと思います。

オンラインショップで購入可能

Lazada(ラザダ)というオンラインショッピングサイトをご存じでしょうか?


日本では主に楽天、Amazonなどが主流のため有名ではありませんが、ここフィリピンを含む東南アジア地域では非常に有名なオンラインショッピングサイトです。

調べたところによると、LazadaはAmazon.comなどの米国企業のシェアが低い東南アジアの新興国中心に市場を展開しており、シンガポール、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムなどで高いシェアを獲得しているようです。また、中国のアリババグループの傘下にあり、シンガポールを拠点に大型の資金投入を行っている、現在成長中のサービスです。

現地の方に「オンラインショッピングといえば?」と質問すると「Lazada」と返ってくるほど、フィリピンでは浸透しています。

品揃えも豊富で、現地のモールでは手に入りにくいようなものも数多く扱っているので、フィリピンに長く滞在する予定の人には非常に便利なサービスだと思います。


セブに長く滞在しているドローン好きの友人からこのサイトを教えてもらい、ショッピングモールで手に入らなかったMavic Airのスペアパーツの購入を試すことにしました。

購入の流れは日本とほぼ同じ

海外のサイトなのでもちろん全て英語ですが、購入の流れは日本とさほど変わらないので、混乱することもありませんでした。

今回購入したものはこちらの2つ。


念のため、2種類のMavic Air対応プロペラを購入しました。万が一プロペラがMavic Airに対応していなかった場合や、すぐに壊れてしまったときの保険としてです。

ちなみに、後で気が付いたことですが、LazadaにはDJI公式ページがあるようで、そちらから正規品を購入した方がよかったと少し後悔しています。みなさんは、安全にドローンを飛ばすためにも正規品を購入するようにしてください。


購入の手続き①

こちらが個別の商品ページです。


欲しい商品を見つけたら「ADD TO CART」を押すとカートに追加されます。日本と同じですね。

これがカート内のページです。


左側に購入予定の商品、右側に合計の値段が書かれています。
これも日本のサイトと似たレイアウトなので直感的にわかりやすいかと思います。

値段を確認したら購入ボタン「PROCEED OF CHECKOUT」を押します。

購入の手続き②

「PROCEED OF CHECKOUT」を押すと次にこのような画面に変わります。


支払い方法の選択画面では、以下の3つの支払い方法から選ぶことができます。

1.クレジットカード/デビッドカード
2.PayPal(ペイパル)
3.Cash on Delivery(着払い)

この中から今回は「着払い」を選択しました。クレジットカードもペイパルアカウントも持っているのですが、初めて使用する海外サイトでクレジット登録するのが怖かったことと、現地での着払いの方法に興味があったためです。

購入の手続き③

支払い方法を選択すると住所登録画面に移動するので、送ってほしい現地住所を登録します。
どうやら追加料金を払えば海外への発送もできるようです。

登録する住所は僕の場合、通っている語学学校の住所です。もちろん、ホテルやモーテル、勤めている会社など好きな住所を登録でき、同時にメールアドレス、電話番号なども登録できます。

ここで、第1の注意点です。電話番号はSMSが現地で受信できる番号にしておくことをお勧めします。

後ほど詳しく書きますが、配達ドライバーからSMSに連絡が届くのですが、日本で使用しているSIMの番号にしていると現地では受信することができません。現地のSIMを利用している場合は、必ず電話番号が付与されていますので、その番号を登録するようにしてください。住所登録後は「CHECK OUT」を選択すれば購入完了です!

Lazadaは購入商品一つ一つに追跡コードが付与されているので、今商品がどの状態(Processing ,Shipped , Delivered)なのかがネット上で確認できます。

注文から届くまでに1〜2週間……

購入手続き完了後は商品を待つだけなのですが、これが1週間から2週間かかります。僕の場合は2週間弱で到着しました。なので、現地での使用は1カ月以上滞在する方でないと難しいと思います。お気をつけください。

また、複数の商品を頼んだ場合、届く日が異なることもあるので、その点も注意が必要です。現地のモールなどで買えない商品が買えるメリットがある一方で、このようなデメリットもあります。

ついに商品到着! ここも日本と少し違う

ついに、商品の到着日になりました。Lazadaからは商品の状況や大まかな到着日程がメールで届きます。


また、SMSには配達業者であるNinja Van から連絡がきます。(忍者……)


Lazadaからのメールも重要ですが、大事なのはNinja Vanからの連絡。Ninja Vanからは届くその日の朝か昼前くらいに「今日届けるよ!」という連絡が入ります。ただ、その時間帯は未定。あくまでも「今日届く!」という情報のみです。また、時間が近づいてきたり、配達ドライバーが届け先に着くとドライバーから直接電話またはSMSメッセージが入ります。

これがNinja Vanからのメッセージ。

そして、これがドライバーからのメッセージ。

一日中届く場所にいる場合は問題ないのですが、わざわざセブに来ていて滞在先にずっといることはあまりないと思いますので、仕事先に届けてもらうか、ホテルのガードマンやフロントに受け取ってもらうのが良いと思います。

やっと届いた商品。しかし、ここでまたしても……

待ちわびたドローンのスペアパーツがやっと届きました。
これが、届いた商品たちです。


しかし、並べてみて違和感を感じました。
ドローンユーザーのみなさん、わかりますか?

そう。実は左側のプロペラが1ペア対になっていないんです。(付け根部分の色が黒が3枚、銀が1枚)

Mavic Airの羽は4枚あるのですが、全て同じ形状をしているわけではありません。ドローンは安定した飛行を行うために隣り合うプロペラ同士が逆に回転しています。言い換えると対角にあるプロペラ同士はもう一方の対角のペアと逆の回転をしています。これにより「反トルク」と呼ばれる現象を相殺し安定飛行を実現しています。
なので、プロペラには時計回り用が2枚、反時計回り用が2枚、計4枚のプロペラが必要になります。

ですが、さきほどの写真を見てもらえればわかるように、3枚が同じ形状で1枚が異なる形状をしています。
これでは、安定した飛行をすることができず墜落してしまいます。

純正品を購入していればこのようなことはなかったと思うので、みなさんは購入する際は純正品を購入してください! 僕はいい教訓になりました(笑)


いかがでしたでしょうか?
フィリピンでドローンを壊しスペアのパーツを入手するまでを2回に分けてシェアさせていただきました。

次回のドローン関係のコラムは、セブでドローンを実際に飛ばした経験をシェアしたいと考えています。

*画面は使用する国や時期によって変わることがあるようなのでご注意ください。
*また、今回はセブということもあり非正規品を購入して使用しましたが、ドローンは羽が命。極力正規品を使用するようにしてください。羽の重さ、形状、素材などによっては所持しているドローン対応と書いていても適していない場合もありますし、エネルギー消費量が大きくなる可能性もあります。
可能な限り日本から正規スペアパーツを持参し、こちらでの購入は自己判断でお願い致します。(LazadaにもDJI公式ストアがあるようですので、そちらから購入する方法もあります)
世界のドローン事情・食事情ルポ 〜とある東大院生の海外放浪記〜
アライアンス会員登録キャンペーン
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 奥部諒
    東京大学大学院 学際情報学府 修士1年の奥部諒(おくべ・りょう)です。大学院ではプレゼンテーションをテーマに研究を行い、その傍らプレゼンテーションのコーチ、プレゼン関連製品のアンバサダーなどをしています。2018年より大学院を1年休学し、語学学習と企業インターンを行うために日本を離れています。また、プレゼン以外にもドローンの一次産業利用についての調査も企業とともに行っています。現在非常に注目されているドローンについて世界各国の規制や認識を現地で収集できればと思っています!また、同時に各国のドローンと食の関連性についても同様にシェアできればと思います。
  2. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  3. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!
  4. 大橋博之
    おおはしひろゆき。インタビューライター・編集者・ディレクター。インタビュー専門で執筆。趣味は散歩・人物撮影。URLhttps://garamon.jp.org/Twitterhttps://twitter.com/garamonmini
  5. 山田雄一朗
    やまだゆういちろう。大学院で経営工学の修士号を取得した後、IT企業で営業として6年の職歴を経験。リサーチ力を強みとしたライターとして活動中。主にITや経営、マーケティングに関わる取材記事やビジネスコラムを中心に執筆している。

RECOMMEND