新米と食べたい「秋なすと豚肉のしぎ焼き」【ごはんソムリエの簡単レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

ごはんが進む!「秋なすと豚肉のしぎ焼き」


新米も出そろい、つやつやに炊きあがったごはん自体がごちそうの10月。白ごはんにのっけたら絶対美味しいよね〜というおかずを想像するだけで心踊ってしまいます。

今年は気候変動にともない、おなじみの秋の味覚が食卓に並ぶ時期や回数に大きく影響。そんな中、例年通り安定している秋なすを使って、今日は「しぎ焼き」をご紹介したいと思います。

「しぎ焼き」とは、なすの中をくり抜きシギの肉を詰めて焼いたものが元ですが、現代では油で焼いたり、炒めたなすに味噌を合わせたものが一般的です。

作り方の最大のポイントは、なすを炒めて油が無くなってしまった後に砂糖をふりかけること。なすから適度な水分が出てくるので、焦げることなく中までしっかりと火を通すことができるんですよ。

「秋なすと豚肉のしぎ焼き」の作り方


<材料(2人分)>
・なす:2本
・ピーマン:2個
・豚ばら肉(薄切り):100g
・ごま油:大さじ2
・砂糖、白いりごま:各大さじ1

A
・みそ、日本酒:各大さじ1
・しょうゆ:小さじ1/2

1.なすのヘタを切り落とし、間をあけて皮を剥く(とら剥きと言います)。


2.なすを1cm幅に切り水に浸し、ピーマンはヘタと種を取り除き乱切り、豚肉は一口大に切る。


3.フライパンでごま油を熱し、なすを並べて両面2分ほど焼いて端に寄せ、その他の具材も加える。


4.豚肉をほぐしながら炒め、砂糖をふりかける。


5.全体を炒め合わせながら、なすに火が通るまで炒める。


6.Aを加え水分がなくなるまで炒め、仕上げにごまをまぶす。


味噌味が白ごはんと相性抜群です。出来たてはもちろん、しっかりとした味付けでお弁当にも合いますので、この秋ぜひ作ってみてくだい。

■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。