もっちり?あっさり?自分好みのお米を探そう!【ごはんソムリエのお米選び】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。


店頭やネットでさまざまなお米が並び、CMでは有名人の方がごはんを頰張り銘柄名をひとこと。ん? でも、聞いたことのないお米の名前だな……、お店でも自分がいつも買っているお米以外のことはよくわからない、そう思うのも当然です。

今やお米の品種は約300もあり、今年は新型コロナウィルスの影響で試食販売も難しい状況ですから、他の銘柄を食べてみよう! というキッカケも少なくなりますよね。

そこで、今回は好みのお米を探すための第一歩として、お米を大まかなタイプに分けて、代表的な銘柄をご紹介したいと思います。

まずは、自分がいつも食べているお米がどのタイプに属するかを確認してみましょう。お弁当を作っている方は、冷めても美味しい銘柄もチェックしてくださいね。


(1)もっちりタイプ

もっちりとした食感で、甘みと粘りが強いグループ。
お米の味わいも強いので、しっかりした味付けのおかずにも負けません。

<代表的な銘柄>
・こしひかり
・新之助
・つや姫(一粒一粒に張りがあるのが特徴です)

(2)あっさりタイプ

もっちりタイプとは対極にある、粘り気が少ないグループ。
あっさりとした味わいなので、デリケートな旨みを持つ海産物との相性は抜群です。

<代表的な銘柄>
・ササニシキ
・つがるロマン
・ななつぼし

(3)しっかりタイプ

粒感があり、ベチャッと崩れない食感のグループ。
丼やおにぎりにもピッタリで、大手牛丼チェーン店やコンビニエンスストアでも採用された実績を持っています。

<代表的な銘柄>
・きらら397
・はえぬき

(4)やわらかタイプ

ソフトな食感が特徴のグループ。
ひとめぼれのみ「やわらか+ふっくら」、その他は低アミロース米といわれる「やわらか+モチモチ」の甘みが強いお米です。このグループのお米は近年続々と登場していて、「だて正夢」「夢ごこち」もここに属します。

冷めても美味しいのも特徴です。

<代表的な銘柄>
・ミルキークイーン
・ゆめぴりか
・ひとめぼれ

最後に、1〜4のタイプの真ん中に位置付けられるお米が「あきたこまち」です。「こしひかり」よりすっきりした味わいで、粒がやや小さいのが特徴です。

普段召し上がっているお米や気になる銘柄はありましたか? 同じ銘柄でも産地によって味わいが違うほどお米の世界は奥深いものです。少しでも好みのお米を見つけられる手がかりになればうれしいです。


■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。


※「スマート米®」は、株式会社オプティムの登録商標です。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。