枝豆のおいしいゆで方と栄養満点のほっこり焼き枝豆レシピ【秋の枝豆】

夏はおいしい枝豆の季節。あっさりとした味わいがビールにぴったりです。
でも、さらに枝豆がおいしいのは、実は秋だということをご存知でしょうか。
より熟して甘くなり、深い豆の味わいが楽しめるのが秋の枝豆です。


そんな秋の枝豆のなかでも、最高級とされる品種が丹波篠山産の「丹波黒 枝豆」。
おせち料理などに使われる最高級の黒豆「丹波黒」を、成熟しないうちに枝豆として収穫したという、贅沢な枝豆。
当然、流通量も限られ、地元・丹波篠山市ではブランドを守るために、解禁日も設けられています(2019年は10月5日が解禁日)。
収穫時期もわずか2週間程度。

しかし、その味わいはほかの枝豆とはまったく違い、黒豆に近い豆の旨味が凝縮された、とても甘い枝豆です。
ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。


貴重な丹波篠山産「丹波黒 枝豆」のご注文はこちらから【2019年の予約は終了しました】

そんなおいしい秋の枝豆は、食べ方にもこだわりたい!
今回は、おいしい枝豆のゆで方と、味わい深い秋の枝豆を食べるときにぴったりな、ほっこり焼き枝豆のレシピをご紹介します。

定番のゆで枝豆は塩分をしっかり入れるのがコツ!


枝豆の定番の食べ方といえば、やっぱり「ゆで枝豆」!
おいしくゆでるコツは、「塩加減」にあります。最初はちょっと面倒ですが、塩の分量をはかってやってみてください。

おいしいゆで枝豆の分量


枝豆 …… 1袋(約200g)
塩 …… 水に対して約4%が目安
※ゆでる際の水量1Lに対して塩40gほどを使います。精製塩では大さじ2と1/3ほど

おいしい枝豆のゆで方

枝豆をゆでる時のポイントは塩の量。塩は、ゆでる水の量に対して4%の塩加減がおすすめです。
水1Lでゆでるので塩40gを使います。

1、枝豆をさっと水洗いする
2、さやの先端をはさみで切り落とす

ゆでる前にさやの先端部分を両側とも切り落とすと、塩分が豆にしっかりまわるようになります。

3、塩もみをする

はかった塩の半分ほど(今回は20g)を使って、枝豆の産毛を取り、塩分を豆にしっかり入れるために塩もみをします。
塩をふりかけて、手で強くゴシゴシともみ込むイメージで。

4、塩を入れて4〜5分間ゆでる

鍋に水1Lと、塩もみで使わなかった残りの塩を加えてしっかり沸騰させます。
そこに塩もみした枝豆を入れます。

おはしで時おり混ぜながらゆでていきましょう。ゆで時間は4〜5分が目安です。
ひとつふたつ味見して、加減をみてざるに上げます。余熱でも火が通るので、すこし固いくらいでOK。
そのまま熱々を食卓に運びましょう。

冷ます場合はそのまま置いてください。水につけて冷ますと塩が流れてしまいます。

焼き枝豆は豆の味がしっかり味わえるオススメのレシピです


さて、次にほっこり焼き枝豆のレシピをご紹介します。
とはいっても、フライパンで焼くだけの簡単レシピ。

それでいて、秋の枝豆の旨味がより感じることができるオススメの食べ方です。
もちろん夏の枝豆でも味わいが濃く感じられます。

また、栄養満点な枝豆ですが、ゆでると水溶性のビタミンなどが流れ出てしまいます。
豊富な豆の栄養を逃さず取れるのも、焼き枝豆のおすすめポイントです。

豆ならではのほくほく感が感じられる焼き枝豆、ぜひお試しください。

おいしい焼き枝豆のつくり方



1、枝豆をさっと水洗いする
2、さやの先端をはさみで切り落とす
3、塩もみをする

ここまでは、ゆで枝豆と同じです。焼き枝豆も塩味が入りにくいので、はさみでさやの両端を切り落としてください。
また、塩もみした後、30分ほどおいておくと、より塩味がよく入ります。

4、フタをしてフライパンで5分焼く

この時、油は引きません。できるだけ枝豆が重ならないようにフライパンに広げて焼きます。
フタをして、火加減は弱火〜中火程度。

5、枝豆を裏返してさらに5分焼く

うっすら焦げ目が付いてきたら、枝豆を裏返して、フタをしてさらに5分程度焼きましょう。
味見をしてみてまだ固いようだったらもう少し焼きます。


焼いた枝豆をそのまま皿に出せば完成です!
お好みで塩を振ってどうぞ。

このほくほく感、一度食べたらもうゆで枝豆には戻れないかも!
秋の濃厚な枝豆でぜひ試してみてください。


秋の枝豆の代表格で最高級・丹波篠山産の丹波黒枝豆【2019年解禁】の注文は終了しました。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。