寒い日にほっこり、米油で作るとろとろ鶏粥のレシピ

24時間お粥のことを考えている人こと、お粥研究家の鈴木かゆです!

さらさらでとろとろのおかゆを食べたことがありますか?


シャバシャバでもなく、ねっちょりでもなく、さらさらでとろとろのおかゆです。しかも、お米がふわっと広がっていて、甘みをじんわりと感じる口当たり。水を増やすだけではこうはなりません。

お粥専門店やちょっといい旅館の朝食で出会える、さらさらでとろとろのおかゆ。

よく「お米のポタージュみたいなとろとろのおかゆは、どうやってつくるのでしょう?」とご質問をいただきます。

魔法の秘密は、油!


米に油を絡めることで、米の表面がコーティングされて米の粘り気が抑えられるのです!

中華粥の作り方をヒントにしたこの小技。ごま油でも、オリーブオイルでも、米油でもOK! 具材も自由。卵粥にも、七草粥にも応用できます。

今回は「米油」を使った「鶏粥」を例にご紹介します。

米油を使ったとろとろ鶏粥のレシピ



<材料>お茶碗2杯分


・生米 1/2合(約75g)
・米油 小さじ1
・鶏もも肉 100〜150g(食べやすい大きさに切り、塩胡椒で下味をつけたもの)
・水 750ml
・塩 小さじ1/2

<作り方>


1.油を絡める

厚手の鍋に研いだ米1/2合を入れ、米油小さじ1を絡める。鶏肉、水750mlを入れる。



2.鍋の温度を上げる

具材がかたよらないように鍋底をならして、鍋を中〜強火にかける。



3.コトコト煮込む

鍋の中がぽこぽこと沸いたら、鍋底から米粒をはがすように、おたまでゆっくりまぜる。フタをして、ふつふつと波打つ程度の弱〜中火で30分煮込む。


吹きこぼれ防止のために鍋にお箸を渡すとよいです!


4.味つけ

さっとアクをすくいとり、塩で味をととのえる。鍋全体をゆっくりとまぜて火を止める。



5.蒸らし

フタをして5分ほど放置して蒸らす。器に盛りつけたら完成!


※注意:製品にもよりますが、一般的に土鍋は油を使うお料理に向いていません。土鍋の空気穴に油が詰まることで乾燥状態にムラが生じ、破損につながる恐れがあります。油を使う今回のおかゆには、ツヤツヤした素材のお鍋のご使用をおすすめします。


気になるおかゆのお味は?


香りだけで「あ、これ、絶対美味しいやつ」とわかるはず。鶏の旨味が隅々にまで染み渡っています。


今回のトッピングは、黒胡椒、水で戻したクコの実、ネギの青いところ、柚子胡椒。冷えが強い日は、ラー油や生姜もおすすめです!

注目すべきはその食感。米油を絡めて炊き上げることで、米粒の一粒一粒がふんわりと仕上がっています。


べちょっとした粘り気が閉じ込められて、さらさら、とろとろ。

ふーふーしながらいただく、旨味たっぷりの鶏粥。体の芯から温まります。

アレンジ:具材・油を変えてみる


具材を変えたり、油を変えてみるのもおすすめです。

今回使った「米油」はほぼ無味であるため、おかゆの食感の違いをじっくりと感じたいときにおすすめです。白粥から旨味の強い食材のお粥まで、汎用性の高さが魅力です。

ごま油」を使うと、食欲をかき立てるウマウマ系に大変身! 出汁のような役割も果たしてくれるため、全体が中華テイストに仕上がります。


こちらはごま油×豚肉で。トッピングには「カリカリ梅」をのせました。

変わり種では「オリーブオイル」。ふわっと洋の雰囲気が加わり、おしゃれな雰囲気に。食感はもちろん、とろとろさらさらの口当たりで、リゾットのようにはなりません!


オリーブオイル×玉ねぎ。トッピングには「トルティーヤチップス」をのせました。


お米に油を絡めるだけでこんなに違いが出るなんて! と、感動すること間違いなしです。

ひと味もふた味も違うおかゆに出会えるひと匙の油の魔法。とっておきの食感を、ぜひお試しください!

おかゆワールド.com
https://okayuworld.com/
鈴木かゆ インスタグラム
https://www.instagram.com/kayu_szk/
鈴木かゆ X(旧Twitter)
https://twitter.com/kayu_szk


 

■レンジでもちもちの玄米が食べられる!パックごはん「寝かせ玄米ごはん」


SMART AGRI FOODのパックごはん「国産スマート米 寝かせ玄米ごはん」は、電子レンジで約2分温めるだけでもちもち食感のおいしい玄米が食べられるレトルトごはんです。

圧力釜で炊き上げた後、3~4日寝かせる「寝かせ玄米®」の製法で仕上げているので、玄米特有の食べにくさがありません。

忙しい方や、お弁当に持っていく方、家族の中で自分だけ玄米を食べるという方も、いつでも手軽にふっくら玄米をお召し上がりいだだけます。

玄米パックごはんが毎月届く!おトクな定期便


パックごはん「国産スマート米 寝かせ玄米ごはん」が毎月届く定期便もございます。

初回は50%OFF、2カ月目以降も定期便だけのお得な特別価格でお届け!

定期便なら買い忘れなくお得に玄米食を続けられます。


■家族みんなにあんしん・安全なお米を選ぼう!


毎日食べるお米は、子どもや家族みんなにあんしんな商品を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、AI・ドローンなどを活用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。

玄米の状態で第三者機関の検査により「残留農薬不検出」と証明されたお米がそろいます。

各地の人気銘柄から、あまり見かけない貴重な銘柄をラインナップ。白米と同じように炊飯器で手軽に炊ける「無洗米玄米」も人気です。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。



SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 加藤拓
    加藤拓
    筑波大学大学院生命環境科学研究科にて博士課程を修了。在学時、火山噴火後に徐々に森が形成されていくにつれて土壌がどうやってできてくるのかについて研究し、修了後は茨城県農業総合センター農業研究所、帯広畜産大学での研究を経て、神戸大学、東京農業大学へ。農業を行う上で土壌をいかに科学的根拠に基づいて持続的に利用できるかに関心を持って研究を行っている。
  4. 大槻万須美
    大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  5. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
パックごはん定期便