2024年注目のお米はこれ! お米ランキング「特A」の銘柄を紹介

料理研究家で米・食味鑑定士、ごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

毎年2月末に日本穀物検定協会から発表される「米の食味ランキング」は今年で53回目。2023年の記録的な猛暑を受け、今年は例年以上に注目が集まりました。

今回は今年の結果と変化、今注目したい銘柄についてもご紹介しますが、まずは、立ちはだかったあの猛暑の中で美味しいお米づくりに邁進してくださった生産者の皆さんに感謝したいと思います。


2023年産米はどんな結果だったのか


2023年産米(令和5年産)の結果はこちら!


2023年産米 特Aランク一覧

全体としては、産地による品種の絞り込みや猛暑下の品質不安から出品が見送られ、対象の産地品種が152から144と減少しています。

最高ランクの「特A」が厳しい環境下の中でも40から43へ増加しているのは、今年初めて出品された青森の「はれわたり」、秋田の「サキホコレ」が獲得したこと、さらに「きぬむすめ」が3から6に増加したことが大きく関係しています。

特Aランクの品種別にみた産地品種数
また、昨年と比較して今年特Aになった銘柄の大半が高温耐性のある銘柄だという点も注目すべきです。

一方、評価を落としてしまったのは、米どころの東北と新潟。

高温耐性のある「雪若丸」「つや姫」でさえもランクを落としてしまったことから、猛暑、小雨、フェーン現象という厳しい栽培環境であったことが伺えます。

今、注目したいお米は?


このような結果の中で、今注目したいお米は青森の「はれわたり」です。

平成20年(2008年)頃までは、コシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれが特Aの9割以上を占めていましたが、平成の終わりから令和にかけて新しい銘柄が続々と登場し、評価されていきました。

その中の1つが青森県を代表するお米になった「青天の霹靂」。そこから7年後同県からデビューした新星が今年特Aを取得した「はえわたり」です。

「はれわたり」は非常に粒立ちがよく、ツヤもしっかりあるため、見た目から美味しさが十分に伝わります。しっかりとした粘りと甘さ、口に含んでから鼻に抜ける香りが特徴。あっさりした味わいの「青天の霹靂」とはっきりと違うため、食べ比べも楽しめると思います。

食味ランキングを参考に、今まで食べたことのない品種や、今年話題となったお米を試してみてはいかがでしょうか。


ランキング試験|食味試験|日本穀物検定協会
https://www.kokken.or.jp/ranking_area.html


■レンジでもちもちの玄米が食べられる!パックごはん「寝かせ玄米ごはん」


SMART AGRI FOODのパックごはん「国産スマート米 寝かせ玄米ごはん」は、電子レンジで約2分温めるだけでもちもち食感のおいしい玄米が食べられるレトルトごはんです。

圧力釜で炊き上げた後、3~4日寝かせる「寝かせ玄米®」の製法で仕上げているので、玄米特有の食べにくさがありません。

忙しい方や、お弁当に持っていく方、家族の中で自分だけ玄米を食べるという方も、いつでも手軽にふっくら玄米をお召し上がりいだだけます。

玄米パックごはんが毎月届く!おトクな定期便


パックごはん「国産スマート米 寝かせ玄米ごはん」が毎月届く定期便もございます。

初回は50%OFF、2カ月目以降も定期便だけのお得な特別価格でお届け!

定期便なら買い忘れなくお得に玄米食を続けられます。

■家族みんなにあんしん・安全なお米を選ぼう!


毎日食べるお米は、子どもや家族みんなにあんしんな商品を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、AI・ドローンなどを活用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。

玄米の状態で第三者機関の検査により「残留農薬不検出」と証明されたお米がそろいます。

各地の人気銘柄から、あまり見かけない貴重な銘柄をラインナップ。白米と同じように炊飯器で手軽に炊ける「無洗米玄米」も人気です。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便