お米はなぜギフトに最適?あんしん安全なお米が贈り物にはぴったり【内祝いなどに】



お米は縁起がいい贈り物


日本では主食であるお米は、縁起物であるともとされてきました。
古来、食べ物のなかでもお米が特に重要視され、秋の収穫を祝い、神様に献上する収穫物もお米が中心。

また、「米」という漢字は、末広がりに運が開けるという意味から縁起のよい「八」と「十」の組み合わせでできており、お米には「八十八の神様が宿っている」ともいわれます。

このように縁起のいい、お米は相手の健康や幸せを願って贈るのに、ぴったりなギフトといえるでしょう。
特にお祝いごとに関する贈り物、例えば結婚式の引き出物やお子様の誕生祝い、それらのお返しとなる内祝いなどには、ふさわしいギフトです。

ギフトとしても使い勝手がいいお米


さらにお米がギフトとして最適な理由は、日持ちするという点と、好き嫌いが少ないという点。

相手の方に食べて楽しんでいただける食品のギフトは、後に残らずにお贈り先の負担になりにくいことから人気ですが、お菓子や果物、お酒などは、ものによっては賞味期限が短かったり、好みがわかれてしまうというデメリットも。

しかし、お米ならば好き嫌いも比較的少なく、小さなお子様からお年寄りまで日々召し上がっていただけるので、贈り先の好みや家族構成を気にする必要があまりありません。

日常的に食べるものなので、普段買わないようなちょっと高級な特選米をプレゼントされれば贅沢な気持ちになり、喜んでもらえると思います。

こうしたことから、どのような用途の贈り物にもぴったりといえますが、なかでもお歳暮を贈る時期は、ちょうど新米の時期に重なります。
秋に収穫したばかりの新米を贈ることができ、よりお米の美味しさを楽しんでもらえます。

近年では、通販でさまざまな産地や銘柄のお米を買えるようになりました。
高品質で特別なお米も選んで購入できるので、贈り物としてとても便利です。

健康に気をつけている方にお贈りするには、玄米も人気になってきていますし、農薬の使用量を抑えた安全なお米も人気です。
相手の方にちょっとした心遣いとともに、お米のギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。


■残留農薬不検出で安心・おいしい「スマート米」はギフトにもぴったり!

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米も安心です。白米のほかに、白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。