お米はなぜギフトに最適?あんしん安全なお米が贈り物にはぴったり【内祝いなどに】



お米は縁起がいい贈り物


日本では主食であるお米は、縁起物であるともとされてきました。
古来、食べ物のなかでもお米が特に重要視され、秋の収穫を祝い、神様に献上する収穫物もお米が中心。

また、「米」という漢字は、末広がりに運が開けるという意味から縁起のよい「八」と「十」の組み合わせでできており、お米には「八十八の神様が宿っている」ともいわれます。

このように縁起のいい、お米は相手の健康や幸せを願って贈るのに、ぴったりなギフトといえるでしょう。
特にお祝いごとに関する贈り物、例えば結婚式の引き出物やお子様の誕生祝い、それらのお返しとなる内祝いなどには、ふさわしいギフトです。

ギフトとしても使い勝手がいいお米


さらにお米がギフトとして最適な理由は、日持ちするという点と、好き嫌いが少ないという点。

相手の方に食べて楽しんでいただける食品のギフトは、後に残らずにお贈り先の負担になりにくいことから人気ですが、お菓子や果物、お酒などは、ものによっては賞味期限が短かったり、好みがわかれてしまうというデメリットも。

しかし、お米ならば好き嫌いも比較的少なく、小さなお子様からお年寄りまで日々召し上がっていただけるので、贈り先の好みや家族構成を気にする必要があまりありません。

日常的に食べるものなので、普段買わないようなちょっと高級な特選米をプレゼントされれば贅沢な気持ちになり、喜んでもらえると思います。

こうしたことから、どのような用途の贈り物にもぴったりといえますが、なかでもお歳暮を贈る時期は、ちょうど新米の時期に重なります。
秋に収穫したばかりの新米を贈ることができ、よりお米の美味しさを楽しんでもらえます。

近年では、通販でさまざまな産地や銘柄のお米を買えるようになりました。
高品質で特別なお米も選んで購入できるので、贈り物としてとても便利です。

健康に気をつけている方にお贈りするには、玄米も人気になってきていますし、農薬の使用量を抑えた安全なお米も人気です。
相手の方にちょっとした心遣いとともに、お米のギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。


■残留農薬不検出で安心・おいしい「スマート米」はギフトにもぴったり!

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米も安心です。白米のほかに、白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。