農業経営体の最新情報を解説するセミナー「農業における事業性評価の可能性について」開催

株式会社事業性評価研究所は、農業分野の“事業性評価”を解説する「農業における事業性評価の可能性について」のセミナーを、2019年7月22日に東京大手町 トラストシティカンファレンス・丸の内にて開催する。


農業就業者の急激な減少・高齢化に伴う事業継承や荒廃農地の問題を解決するために、農地の集約化と経営体の法人化が進められている。これを円滑に進めるには、適正な財務報告と公正な会社運営は欠かすことができない。

事業性評価研究所では、「数字では測りがたい『定性的な事業価値』を分析することで、整理または達成すべき経営課題を明らかにします。新たに農産品の価値が定義され、持続可能な農業への仕組みが明確になるでしょう。これらは投資効果の測定や、事業の成長性判断を通じて、事業継承方針、投融資に必要な情報となります。本セミナーでは、農業経営体をめぐる最新情報を、三つの視点から実例に基づいて解説致します」と、セミナーの目的と意義を語っている。

「農業における事業性評価の可能性について」セミナー概要
開催日 :2019年7月22日(月)13:00~16:30(受付開始 12:30~)
会場 :東京大手町 トラストシティカンファレンス・丸の内 Room2~4
(東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11F)
参加費 :5000円(税込)
定員 :200名
主催 :株式会社事業性評価研究所
共催 :一般社団法人ALFAE

<プログラム>
【開会挨拶】
亀岡 孝治(三重大学大学院生物資源学研究科 教授)

【第1部】
「農業における第三者への事業継承の取り組みと課題」
山本 淳子(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
食農ビジネス推進センター 上級研究員)

【第2部】
「(事例紹介)事業性評価によって解決できること」
田井 政晴(株式会社事業性評価研究所 専務取締役)

【第3部】
「財務報告と内部統制」
大森 一幸(みのり監査法人 理事長)

【その他】
質疑応答


<参考URL>
セミナー「農業における事業性評価の可能性について」
株式会社事業性評価研究所

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。