農業経営支援のプラットフォーム「AGMIRU」が新サービス『農家コミュニティ』をスタート

農林水産省が行う、農林水産見える化シリーズ「まるみえアグリ」の一環として2017年6月スタートした農業プラットフォーム「AGMIRU(アグミル)」が、新サービス『農家コミュニティ』の提供を開始した。SNSを通して農家間の情報交換が気軽に行える。



SNSを通した栽培ノウハウの継承で農業課題の解決を

AGMIRU(アグミル)は、SBテクノロジー株式会社が出資する、リデン株式会社が運営する農業資材のマッチングサービスだ。
2019年8月末にリニューアルし、現在は「AGMIRU(β版)」として、各種情報発信のほか、画像診断や生産管理、作物販売、会計/金融等の管理機能も提供している。

2019年8月末のリニューアル時に公開されたAGMIRU(β版)のサービスイメージ

AGMIRUの新サービス『農家コミュニティ』はSNS機能を持った「農業の知識と経験」の共有ツールだ。

コミュニティ内では、土づくりのノウハウや病虫害の状況、災害対策、販路開拓などさまざまなトピックスが用意されており、栽培ノウハウを求める農家とプロ農家・有識者のやり取りを、質問/回答形式で行える。話題ごとにグループ分けされており、欲しい情報にすぐにたどり着ける仕組みになっている。



現在、日本の農業生産の現場では、若手農家とプロ農家はつながる場所が少なくノウハウの継承が難しいという課題を抱えている。SBテクノロジー株式会社とリデン株式会社では、農家コミュニティで得た知見を蓄積し日本の農業の知的財産として可視化していくことで、「今後も日本農業のさまざまな課題解決を支援していく」としている。


AGMIRU
https://agmiru.com/
AGMIRU 農家コミュニティ
https://new.agmiru.com/community/index
SBテクノロジー株式会社
https://www.softbanktech.co.jp/
リデン株式会社
https://www.reden.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。