「食べチョク」が応援プログラムを拡充&延長 新型コロナによる食品ロスを削減

こだわり生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデンは、新型コロナウィルスの影響により飲食店から「客足が乏しい」という声が多く届いたことを受け、シェフの仕入れコストを削減できるよう、全商品10%を食べチョクが負担し、SNSで集客支援を行う飲食店向けの応援プログラム開始した。

加えて、販売先がなくなった生産者に向けて3月2日より開始していた「全商品の送料500円を食べチョクが負担する応援プログラム」の注文受付期間を4月30日まで延長することを決定した。



新たに応援プログラムを実施した背景

新型コロナウィルスの影響で、生産者は出店を予定していたイベントが中止になったり、飲食店からの仕入れが弱まったりしている。そんな中でも、野菜の生育を急に止めることは難しく、長期間保存することもできないため、「食べチョク」上で消費を促すべく3月2日より応援プログラムを実施していた。

しかしそれでも、生産者だけでなく飲食店からも「客足が乏しい」という声が多いた届くという。そこでシェフの仕入れコストを削減できるよう、全商品10%を「食べチョク」が負担し、SNSで集客支援も行う飲食店向けの応援プログラムも開始することとなった。

飲食店向けの応援プログラム概要

1. 全商品10%を食べチョクが負担
2,500品目以上あるすべての商品の10%を食べチョクが負担し、お手軽な料金で食べチョクのこだわり食材を飲食店向けに提供。

2. 購入いただいた飲食店を公式SNSで紹介
食べチョクProにて購入いただいている飲食店をTwitterなどの食べチョク公式SNSで紹介。

 【応援プログラム実施期間】
2020年3月19日 10:00~4月30日 23:59
※上記期間中に問い合わせをした飲食店が対象。

【注文方法】

飲食店向けサービス「食べチョクPro」の問い合わせフォームにて受付。
URL:https://pro.tabechoku.com/

多くの反響により生産者向け応援プログラムの延長も決定

応援プログラムの開始後、消費者・生産者双方より多くの反響があったこと、少しでも多くの生産者の販売先確保の支援をしたいという思いから応援プログラムの延長を決定。現在「コロナでお困りの生産者さん」という特集ページが開設されており、簡単に応援商品へアクセスできるようになっているという。

応援プログラムの反響一例
・岐阜県の落花生の農家さんがイベントの中止に伴い110袋の落花生が余っていたが、食べチョクで販売し4日間で全て完売。(岐阜県)
・フレンチレストランなど都内の飲食店に卸す用にキープしていたアスパラガスが仕入減のため売り先がなく困っていたが、食べチョクで販売し1日で全て完売。(佐賀県)

【応援プログラム実施期間】
2020年3月2日(月)10:00~ 4月30日(木)23:59

【注文方法】
消費者向けサービス「食べチョク」の特集ページより注文可能。


コロナでお困りの生産者さん|食べチョク
https://www.tabechoku.com/groups/64
食べチョク
https://www.tabechoku.com
食べチョクPro
https://pro.tabechoku.com/
株式会社ビビッドガーデン
https://vivid-garden.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。