「食べチョク」が応援プログラムを拡充&延長 新型コロナによる食品ロスを削減

こだわり生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデンは、新型コロナウィルスの影響により飲食店から「客足が乏しい」という声が多く届いたことを受け、シェフの仕入れコストを削減できるよう、全商品10%を食べチョクが負担し、SNSで集客支援を行う飲食店向けの応援プログラム開始した。

加えて、販売先がなくなった生産者に向けて3月2日より開始していた「全商品の送料500円を食べチョクが負担する応援プログラム」の注文受付期間を4月30日まで延長することを決定した。



新たに応援プログラムを実施した背景

新型コロナウィルスの影響で、生産者は出店を予定していたイベントが中止になったり、飲食店からの仕入れが弱まったりしている。そんな中でも、野菜の生育を急に止めることは難しく、長期間保存することもできないため、「食べチョク」上で消費を促すべく3月2日より応援プログラムを実施していた。

しかしそれでも、生産者だけでなく飲食店からも「客足が乏しい」という声が多いた届くという。そこでシェフの仕入れコストを削減できるよう、全商品10%を「食べチョク」が負担し、SNSで集客支援も行う飲食店向けの応援プログラムも開始することとなった。

飲食店向けの応援プログラム概要

1. 全商品10%を食べチョクが負担
2,500品目以上あるすべての商品の10%を食べチョクが負担し、お手軽な料金で食べチョクのこだわり食材を飲食店向けに提供。

2. 購入いただいた飲食店を公式SNSで紹介
食べチョクProにて購入いただいている飲食店をTwitterなどの食べチョク公式SNSで紹介。

 【応援プログラム実施期間】
2020年3月19日 10:00~4月30日 23:59
※上記期間中に問い合わせをした飲食店が対象。

【注文方法】

飲食店向けサービス「食べチョクPro」の問い合わせフォームにて受付。
URL:https://pro.tabechoku.com/

多くの反響により生産者向け応援プログラムの延長も決定

応援プログラムの開始後、消費者・生産者双方より多くの反響があったこと、少しでも多くの生産者の販売先確保の支援をしたいという思いから応援プログラムの延長を決定。現在「コロナでお困りの生産者さん」という特集ページが開設されており、簡単に応援商品へアクセスできるようになっているという。

応援プログラムの反響一例
・岐阜県の落花生の農家さんがイベントの中止に伴い110袋の落花生が余っていたが、食べチョクで販売し4日間で全て完売。(岐阜県)
・フレンチレストランなど都内の飲食店に卸す用にキープしていたアスパラガスが仕入減のため売り先がなく困っていたが、食べチョクで販売し1日で全て完売。(佐賀県)

【応援プログラム実施期間】
2020年3月2日(月)10:00~ 4月30日(木)23:59

【注文方法】
消費者向けサービス「食べチョク」の特集ページより注文可能。


コロナでお困りの生産者さん|食べチョク
https://www.tabechoku.com/groups/64
食べチョク
https://www.tabechoku.com
食べチョクPro
https://pro.tabechoku.com/
株式会社ビビッドガーデン
https://vivid-garden.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。