農業の課題解決のヒントを学べる展示会「アグロ・イノベーション2018」開催

一般社団法人日本能率協会は、11月20日(火)〜22日(木)までの3日間、東京ビッグサイトにて「アグロ・イノベーション2018」を開催する。


本展示会は、農作物の生産、収穫、選果、加工、包装、販売における課題解決の場を提供する農業関係者のための専門展示会。ICTを活用した生産性向上に焦点をあてた「スマートアグリ技術展」をはじめ、「アグリ生産資材展」「アグリ加工・流通展」「アグリ・フードビジネス展2018」「農作業負担軽減EXPO2018」「VegeFruPack」「土づくりEXPO」と7つの構成展示会で開催。農作物のブランド化、作業効率化、生産者手取り最大化などのヒントを効率的に情報収集できるの3日間。大型の農業関係イベントは、同展が本年度最終回とも言えるため、貴重な機会となりそうだ。

会期中は、農作物の鳥獣被害対策とジビエ利活用技術が一堂に会する専門展示会「第1回鳥獣対策・ジビエ利活用展」、高付加価値な野菜・果物と加工・調理技術の国際見本市「第1回野菜・果物展」「第1回野菜・果物調理・加工技術展」「アグリビジネス創出フェア(農林水産省主催)」「バイオマスエキスポ2018秋」が同時に開催される。


専門的な知見に基づくセミナーは、生産セミナー、流通セミナー、トレンドセミナーと3つの会場が用意され、全35セッション以上。すべて聴講無料。

主催者企画として、スマートアグリフードに関する栽培工程展示と成果物の即売「スマートアグリ マルシェ」、一歩先の農業経営を行う農家・農業法人・農業団体を表彰する「GOOD AGRI AWARD」などが予定され、農業の先進的な取り組み事例を詳しく知る絶好の機会だ。

アジアへの農産物輸出相談コーナー、経営相談コーナーなど、農業にまつわる相談が無料できるコーナーもある。

【イベント概要】
アグロ・イノベーション2018
展示会:スマートアグリ技術展/アグリ生産資材展/アグリ加工・流通展/アグリ・フードビジネス展2018/農作業負担軽減EXPO2018/VegeFruPack/土づくりEXPO
同時開催展:第1回鳥獣ジビエ利活用展/野菜・果物ワールド/アグリビジネス創出フェア(農林水産省主催)
会期:2018年11月20日(火)〜22日(木)
開場時間:10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト 西展示棟1-2ホール
主催:一般社団法人日本能率協会
特別協力:一般社団法人日本ジビエ振興協会
展示規模:専門の製品・技術・サービスを持つ70社以上の団体が出展
セミナー:生産セミナー/流通セミナー/トレンドセミナー 全35セッション以上
入場料:無料 (同時開催展と無料相互入場可)

▼Web事前登録者特典▼
来場事前登録証でご入場の先着100名様限定! 1000円分のイオン商品券を進呈(11/20〜22 毎日)
http://www.jma.or.jp/ai/ja/index.html

【出展者・製品情報】
農作物の生産、収穫、選果、加工、包装、販売、スマートアグリ技術まで、農業に関する専門企業が一堂に会す。

●スマートアグリ技術展
  • スマート農業ソリューション
  • スマートフード
  • 圃場水管理、省力化システム
  • 遠隔及び自動制御システム
  • 生育管理システム
  • 最適肥料処方システム
  • 光合成効率促進装置
  • 農業用環境データ監視システム
  • スマホアプリでモニタリングシステム
  • 野菜・果実の可視光画像をAIで解析して、農産物の「食味」を計測するシステム
  • 栽培方法、料理方法、販売手段等をアシストするデータ解析システム
  • 圃場の生育状況の「見える化」
  • 農業に関わる人、モノ、情報のマッチング
  • 農業経営改善コンサルティングなど、

●アグリ生産資材展
  • 次世代シーケンサー(遺伝子解析機器)
  • 電動高所作業車、大型手押台車、階段昇降キャリー、軽量一輪台車
  • 農業用ノズル、畜舎内の消臭、ミスト送風機、ビニールハウス、畜舎等の湿度調節・加湿器
  • 肥料散布機、散水、洗浄、冷却、加湿等の製品
  • 専門誌、事典
  • 天然植物活力液
  • 食品添加物規格の過酢酸製剤
  • 灌水チューブ、灌水装置、環境制御装置、温室
  • 管理医療機器など

●アグリ加工・流通展
  • 魅せるパッケージ
  • 生産物の検査
  • 食べごろの可視化
  • 販売データの管理
  • コンパクトかつ価格を押さえた設備など

●アグリ・フードビジネス展
  • 地域特産品・加工品
    人気の高さから県外に出ることが少ないブランド果実、世界が認めた食感をもつ生産物・加工品、特殊製法、無添加品など
  • マーケットリサーチ、コンサルティング
  • 地元菌を探して六次産業に活用する 「菌ハンター」
  • 野菜の生産・加工・輸出企業
  • 生物防除剤に関する資料・パネル、農産物、農産加工品

●農作業負担軽減EXPO
  • 農作業の負担を軽減するアシストスーツ
  • 物流改善(重量物の搬送設備/アルミ軽量クレーン/吸着搬送システム)
  • 農業機械のメンテナンス用空気動工具
  • 省力運搬機(テーブルリフト台車、リフター 他)など

●VegeFruPack/
  • 鮮度保持包材、鮮度保持OPPフィルムなど

●土づくりEXPO
  • 微生物を味方につけた技術、手法
  • 匂いが気にならない鶏糞
  • 抗生剤、抗菌剤、殺虫剤を使用していない鶏糞
  • 土壌必須微量要素が多く含まれる堆肥
  • 土壌分析装置
  • 有機入り配合ペレット
  • 造粒灰
  • 牛ふん堆肥、汚泥発酵肥料、など

※来場者特典ありのブース
◆島本微生物工業
土壌の豊かさの目安となる微生物量の測定を無料
後日ご自身の土壌を送付して頂けるよう専用の封筒を配布

【全35セッション以上の無料セミナー】
●人気セミナー
  • 日本農業の未来像
  • イオン農場の取組
  • セブンファームの取り組み
  • オプティムが描くスマート農業
  • 農作物と土壌の関係 〜収量・品質向上は健康な土づくりから〜
  • クボタの次世代農業への取り組み
  • 「スマホ画像からAIが解析する野菜・果物のおいしさ」 青果に味の“保証書” 農業生産・流通に革命を!
  • 植物工場の未来 〜世界に広がる無限の可能性〜
など多数

●注目セミナー
  • NTTグループの食農分野の取組みについて
  • ゲノム編集を利用した農作物の品種改良
  • 次世代園芸 成功の秘訣とは
  • ビオセボン・ジャポンの取り組み
  • ゼロから上場まで 〜新しい農産物流通への挑戦〜
  • 「生物の力」で農産物の付加価値を高めよう! 〜広がりつつある生物農薬の実践事例〜
  • 農業における情報戦略とマイナビ農業 〜情報を活用した経営支援・人材採用戦略について〜
  • Protein Industries Canada(PIC)ー植物由来タンパク質の将来性ー
など多数

【主催者企画】
●スマートアグリフード マルシェ
最先端技術によるドローンとカメラで栽培圃場を撮影した画像をAIにて解析し、病害虫の発生状況を「見える化」することにより病害虫に対してピンポイントで農薬を散布することができるため、農薬の使用量を大きく抑えた農作物の栽培が可能となる。また、生産者が実際に圃場巡回をしてチェックをするだけでなく、AI技術と併用する事でより精度の高い作物を栽培・供給できるようになる。消費者に安心・安全な農作物であることはもちろん、生産者にとっても有益なスマートアグリフードの栽培工程展示と成果物の即売を実施。(企画協力:オプティム)

●GOOD AGRI DAYS
若手農業経営者・新規就農者に向けた次世代農業メディア「AGRI JOURNAL」によるプログラム。
11月20日には農家・農業法人・農業団体を対象とした「GOOD AGRIAWARD 2018」の表彰式が行われる。「マネージメント部門」「ビジネ部門」「テクノロジー部門」「ライフスタイル部門」「エンターテイメント部門」の5部門において、一歩先の農業経営を行う個人や団体が表彰される。また、開催3日間にわたり、GOOD AGRI AWARD受賞者および農業事業に取り組んでいる企業・団体による講演や、来場者参加型のパネルディスカッション等も実施。

●輸出相談コーナー
農産物の輸出について何から始めたらよいか、トライしているがうまくいっていない、といった悩みを無料相談できる。台湾、香港、タイ、シンガポール、マカオなどアジアへの輸出に詳しい株式会社九州屋/輸出パートナー商社:ジャパン・インタートレーディング株式会社の協力による企画。

●経営相談コーナー
経営コンサルティング会社である船井総合研究所からコンサルタントが参加。新規就農6次産業化商品開発、農産物のブランディング等農業にまつわる経営相談に無料で対応する。

<参考URL>
アグロ・イノベーション2018
第1回鳥獣ジビエ・利活用展

スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND