“緑の香り”で農作物を高温から守る資材「すずみどり」が農芸化学技術賞を受賞

農業生産資材づくりを通じて日本農業の再生を目指す株式会社ファイトクロームは、作物の高温耐性を高める揮発性バイオスティミュラント「すずみどり」の開発で、公益社団法人日本農芸化学会から「2019年度農芸化学技術賞」を受賞することが決定した。授賞式は同学会2019年度大会にて行われる。

「すずみどり」のイメージ

農芸化学技術賞は、農芸化学分野において注目すべき技術的業績をあげた技術・商品に与えられる賞であり、年間2~4件程度が受賞している。過去の受賞は、アサヒスーパードライの開発(1993年:アサヒビール)、トレハロースの製造法(1998年:林原)、セサミンの機能解明と健康食品の開発(2008年:サントリー)、機能性ヨーグルトの開発「R-1ヨーグルト」(2014年:明治)など、いずれも商品化されているものばかりだ。

今回は、2008年より神戸大学と開始した植物の高温耐性に関する共同研究、および2018年に本格販売を開始した商品名「すずみどり」の製品化が評価されたもので、ファイトクロームとしては初めての受賞となる。

「すずみどり」の概要

「すずみどり」は、ヘキセナール(緑葉の香り成分)を使用した、ビニールハウスや温室内に吊るすだけの高温耐性付与資材。10アール(1000平方メートル)あたり10~20パックで効果がおよそ1カ月持続する。

すずみどり(標準小売価格 10パック入袋 3700円(税別))

地球温暖化に伴い、世界中で毎年のように農作物の減収が報道されており、有効な対応策の開発は現場からも切望されている課題となっているが、2-ヘキセナールは0.01~0.001ppm程度の極微量で、50℃近い環境下でも植物がしおれない、枯れないなどの効果を示すことが判明した。


ただし、2-ヘキセナールが非常に不安定な物質であり、容易に空気中で酸化されて、効果を示さない別の香り成分へと変化してしまうなど、製品化にあたっては多くの課題も残されていた。特に、農業現場で使用するためには、極微量の香り成分を長期間にわたり安定的、持続的に与える必要があり、これらの課題も解決する必要があった。

多くの検討を行った結果、すずみどりは昇華性の錠剤中に2-ヘキセナールを含有させ、ガスバリア性の高いフィルムで覆うことで、これらの問題点を解決。設置時は、パックの両サイドのフィルムをカットして圃場に吊り下げて使用する。2014年より実際の圃場試験を開始し、トマトなどの果菜類、葉菜類、花卉類、水稲などの多くの作物で、収穫量が2割程度増収するなどの効果が確認されているという。


「すずみどり」のポイント
  1. 植物は本来、高温耐性機能を持っている。この機能は普段はスイッチがOFFになっているが、高温時にONになる。高温耐性機能をONにする情報伝達物質を特定することで人為的に植物の高温耐性機能をコントロールできるのではと考えたのが研究の端緒。
  2. 高温耐性機能は活性酸素処理によってもスイッチがONになると知られる。そこで活性酸素によって植物内の脂肪酸が酸化されてできる化合物が引き金になっているのではと仮定し、実験により「2-ヘキセナール」がその物質であると突き止めた。
  3. 高温耐性を遺伝子組み換えでないやり方で獲得した。遺伝子組み換え作物に対する受容度が低い我が国では受け入れられやすい。
  4. 植物由来の物質なので作物への処理に抵抗感が少ない。
  5. 協力農家での実証実験でイネ、キュウリ、トマトなどへの効果を確認。
  6. 「植物の高温耐性誘導剤および高温耐性誘導方法」(特許番号5608381)で2014年9月に特許取得済み。

<参考URL>
株式会社ファイトクローム
すずみどり

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。