アスパラ×スマート農業の事例も登場 「壱岐市SDGsシンポジウム」を11月21日に開催

長崎県壱岐市は、SDGsシンポジウム「持続可能な未来のために~壱岐市の農業の取り組みと今後の課題」を11月21日(土)に開催する。参加は無料で先着100名。YouTubeによるライブ配信も予定されている。


壱岐市は2018年6月、離島で唯一、内閣府から「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定された地域。今回のシンポジウムでは、壱岐市民を対象として、自治体SDGsモデル事業の一つ「スマート農業」の取り組み成果の発表を行うとともに、「今後の壱岐の農業のあり方」について考える。

SMART AGRIでも2019年に、壱岐市とアスパラガス栽培におけるスマート農業について取材を実施している。
【特集】SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業
https://smartagri-jp.com/series/20

なお、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、今回は同市原の辻ガイダンス体験学習室でのリアルイベントと、配信によるバーチャルイベントで同時開催。オフライン会場となる原の辻遺跡周辺では、「SDGsフェスティバル」および「秋の収穫祭」も開催される。

開催概要

日時:11月21日(土) 10:00~正午
会場:原の辻ガイダンス 体験学習室
対象:農業関係者(農業従事者、企業、行政、学校) ※主に壱岐で活躍する農業従事者対象
定員:先着100名(オフライン会場)
費用:無料
配信URL:https://www.youtube.com/watch?v=5hBBxNhEUnE&feature=youtu.be


プログラム

基調講演

「野菜栽培管理におけるスマート農業活用の可能性について」
講師:株式会社ヤンマーアグリジャパン 小林雅昭 氏

基調講演

学術発表「壱岐市が行うアスパラガス生産活動のスマート化による生産性向上と労働負荷の効率化に向けて」
講師:株式会社オプティム 小林健史氏/長崎県農林技術開発センター 平山裕介氏

パネルディスカッション

「SDGsとスマート農業がもたらす壱岐の未来と可能性について」
コーディネーター:一社)壱岐みらい創りサイト 高下徳広氏
パネリスト:
・株式会社ヤンマーアグリジャパン 小林雅昭氏
・株式会社オプティム 小林健史氏
・壱岐振興局農林水産部 本村高一氏
・JA壱岐市農産園芸課 竹下真司氏
・このみ農園 許斐民仁氏

セミナー(試食会)

「壱岐の特産品を使った万能ソースの作り方」
講師:前食品加工研究室長 富永由紀子氏

個別相談会(正午~午後3時)
野菜の専門家が農業従事者の相談に乗ってくれる


シンポジウム「持続可能な未来のために~壱岐市の農業の取り組みと今後の課題~」
https://www.city.iki.nagasaki.jp/event/7864.html

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。