園児が八百屋さんを体験|Oisixの「保育事業向け食材宅配サービス」が届ける食育

2019年6月29日、食品宅配や「保育事業向け食材宅配サービス」を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平 以下オイシックス)は、認可保育所「ほっぺるランド上落合(東京都新宿区)」で、オリジナルデザインのお散歩カートの贈呈式と、園児が八百屋さんを体験できるマルシェイベントを開催した。

▲保育園にはオリジナルのお散歩カートが贈呈されましたお散歩カートに乗る園児たち(贈呈式にて)

マルシェ体験に園児たちも興味深々

保育事業向け食材宅配サービスを提供するOisixは、給食以外でも園児に豊かな食体験を提供するため、食育の一環として今回のイベントを開催した。当日はマルシェ(市場)や八百屋さんの体験、収穫野菜の袋詰めにも挑戦。園児たちも興味深々の様子だった。

▲マルシェは大人気大人気のマルシェ(市場)

八百屋さんを体験

▲事前に畑から持ってきた野菜を収穫して袋詰めも採れたて野菜の袋詰めにもチャレンジ

オイシックスの保育事業向け食材宅配サービス


同社は、2015年より保育園施設への給食向け食材販売をスタート。2019年3月時点で351園が導入しており、専用の受発注システムは、食材、必要人数、納品日を入力するだけで受発注を完了できる画期的なシステムを提供している。

▲保育園給食に必要な食材を豊富に取り揃えています
同サービス提供の背景にあるのは、保育園の急激な増加にあるという。共働き世帯の急増に伴い社会問題化した待機児童問題の解決策として、認可保育園のみならず地域の小規模保育園も増えている。
だが施設の園児への給食提供において栄養士や調理師の人材を確保できず、給食が大きな業務負担となっているケースも多い。

そこでOisixでは給食向けの食材を届けると同時に、献立の作成や栄養相談といったサービスを提供。保育園側の負担軽減を実現した。
▲保育事業向けサービスの概要

食育イベントへの取り組み

給食サービス以外にもOisixでは食育のサポートも推進しており、今回のイベントもその一環の取り組みだった。
ほかにも野菜の生育をテーマにした紙芝居の配布やハロウィンかぼちゃといった季節イベントの提案、契約生産者の産地での収穫体験や、食育学習などの開催についての相談にも応じ、保育園に子どもを預ける家族からも好評だと話す。


今後も食育の観点から保育園側へのサポートを積極的に推進していく考えだ。


<参考リンク>
オイシックス・ラ・大地 株式会社
ほっぺるらんど
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。