道の駅「丹後王国」と地元企業が連携、京野菜や果物の営業・販促を相互支援

西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」を運営するパソナグループの株式会社丹後王国は、京都産の野菜・果物の生産から販売までを手がける株式会社ブレンドファームなどと連携協定を締結した。今回の合意を皮切りに、7月23日には同道の駅内で締結式を執り行った。




京都の食関連産業が繋ぐ新たな「環」

丹後王国は地元企業や生産者と協働し、2015年に道の駅 丹後王国「食のみやこ」をリニューアルオープンした。以来、海産物や農産物などの地域食材の販売に加え、園内に設けたレストランやカフェで、丹後地域の豊かな資源である「丹後の食」を提供してきた。

また地域観光のゲートウェイ機能を果たしながら、国内外に丹後地域のさまざまな魅力を情報発信するほか、地域商社として地元で採れた農産物や加工品などの販路を開拓する役割も担っている。

一方、ブレンドファームは「食を通してすべてのヒトを幸せにする」をコンセプトに、京都府内の若手農業従事者30名が名を連ねる農業団体で、野菜や果物の生産から、京都市内のホテルやレストランへの農産物の出荷・販売などの業務を一貫して行っている。

京都を舞台に躍進する両者は2019年7月、「丹後地域農水産物特産品の販売促進等に関する連携協定」を締結したと発表した。

連携内容として第一に、丹後王国が製造する自家製ソーセージなどの同社製品と、ブレンドファームが生産した京野菜や果物を、相互に営業し販促を支援する。
また、丹後王国はブレンドファームの野菜や果物を提供先に小口配送することで、配送の負担軽減にも取り組むとしている。

丹後王国はこれらの協業を通じて、地元食材を活用した新商品の開発や販売促進に繋げるとともに、丹後の食のブランド化や戦略化を図り、丹後地域における産業の振興を目指す考えだ。

道の駅は、地元の農家の販売先だけでなく特産品の取り扱いや、地元企業とのコラボレーションなども近年増えてきている。農産物の販売先としても魅力的な選択肢になりつつある。6次産業化による商品開発だけでなく、物流やPRなど企業の関わり方も多様化しており、今後の道の駅と農家の関わりを占う試金石にもなりそうだ。

<参考URL>
丹後王国「食のみやこ」
株式会社丹後王国
株式会社ブレンドファーム
一般財団法人丹後王国「食のみやこ」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。