農機具の技術で果物や野菜をアイスにする「アイスクリーム・ブレンダーBJ」発売

創業70年を越える岡山の農業機械メーカー、オカネツ工業株式会社は、農業用機械で培った技術を応用した、「アイスクリーム・ブレンダーBJ」を開発した。キャッチコピーは「砕く、混ぜる、つなぐ。とてもシンプルに、素材をそのまま味わうために」。誰でも簡単に、果物や野菜を活かした多層的なアイスクリームをつくることができる。


誰でも簡単にオリジナルアイスを

誰でも簡単にアイスクリームを作ることができる「アイスクリーム・ブレンダーBJ」は、素材を入れて混ぜるだけでアイスクリームが完成する。使用しているモーターは耕うん機にも採用されており、硬く凍った果物も瞬時に粉砕。素材そのものの味をダイレクトに届けることができる。

また、アイスと素材を決めて混ぜるだけなので、組み合わせ次第で無限にレシピを作り出すことが可能。そのため、地元食材を使用したカフェや六次産業に挑戦したい農家を後押しする商品となっている。



オリジナルアイスを通じて地域を盛り上げる


オカネツ工業は農業機械分野で自社製品を通じ、長年農家に寄り添ってきた。その中で、農家が抱えている悩みを聞いたことをきっかけに本製品の開発に着手したという。農家さんの協力の元、試行錯誤を繰り返し「アイスクリーム・ブレンダーBJ」が完成した。

BJは6次産業化へのスムーズな移行を目指し、その先にある農業分野の抱える課題の緩和・解決を目的とし、新しい一歩を後押ししたい考えだ。
農家以外にも、全国の様々な店舗に導入することで、地元の農産物を使ったアイスが誕生。地域を盛り上げる強い見方として活躍したことが評価され、グッドデザイン賞を受賞した。



 BJ旗艦店が岡山の農業を後押し


地元岡山にBJの旗艦店「畑でとれるアイスのお店AOBA」が開店。岡山の農産物でつくったアイスなどを提供するとともに、アイスの素材の生産者をご紹介する取り組みも行っている。また、農家さんと一緒に商品開発を行うオープンキッチンなど、岡山の農業の小さな拠点となる活動にも意欲的だ。
農産物の冷凍加工事業を通じて、廃棄ロスや長時間労働など農家さんの抱える社会課題の緩和・解決を目指した仕組みづくりを行っている。



<参考URL>
アイスクリーム・ブレンダーBJ|公式HP
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。