農機具へ「後付け」で自動運転が可能に 準天頂衛星みちびきを活用したユニット開発スタート

ドローンなど無人機の自動運転プログラムを手がけるイームズロボティクス株式会社と、多彩かつ高度な衛星測位技術で位置情報を得る受信機を開発するマゼランシステムズジャパン株式会社は、準天頂衛星みちびきを活用した自律走行ユニットの共同開発をスタートさせた。

ユニットの「後付け」で農機具の自動化を実現

両社が開発を進める自律走行ユニットは、「後付け」による自動運転を可能にしたシステム。既存の電子制御がなされていれば、新たな自動運転のシステム開発を必要とせず、大小関わらずどんな走行車両にも搭載できることが最大の特長という。

マゼランシステムズジャパンの多周波対応GNSSアンテナ

草刈り機や除雪機、小型耕運機など、あらゆる農機具への活用が期待されており、エンジン駆動タイプ、バッテリー駆動タイプなど動力源が異なる場合でも、操作系が電子制御化されていれば搭載できる。

自動運転プログラム×準天頂衛星「みちびき」



運転は、準天頂衛星「みちびき」のL6信号を受信し、タブレット(Windows対応)でルートを構築。走行モードのほか、指定した範囲のジグザグ走行や、特定のポジションでの停止、旋回などのアクションが可能になっている。

自律走行ユニット参考動画

中小農機具メーカーへの提供


電子制御化された農機具はメーカーごとに制御方法が異なるため、自動運転を実現するためのサービスメニューも用意している。エンジニア立ち会いのもと、搭載方法の検討や電気信号の受け渡し方法など十分な協議をしたうえで実装を進める構えだ。

生産は福島県にあるイームズロボティクス本社で予定されており、 2020年には量産体制を整え農機具メーカー各社へ専用品として販売していく方針だ。

農林水産省が定める自動運転技術の水準レベル

農林水産省では、農業用機械の自動運転における技術水準をレベルによって定義している。

レベル0:走行や作業、非常時の緊急操作などすべての操作をオペレーターが手動で実施する手動操作。
レベル1:慣性計測やGPSなどを備え、直進走行など操作の一部を自動化した搭乗状態での自動操舵
レベル2:有人監視下での自動化・無人化。
レベル3:オペレーターがモニターなどで遠隔監視し自律制御を行う完全無人化。

自動運転機能を搭載したトラクターなど、大手の農機具メーカーではレベル2程度までの自動運転を実現しているが、中小の農機具メーカーのほとんどは、開発力や資金力の課題からレベル1にも到達できていない現状にある。

両社は今後も双方の親和性と強みを生かし、中小メーカーでも搭載できる高精度で正確な自動運転システムの開発を進めていく考えを示している。


両社の自律走行ユニットは、2019年10月9日~10月11日に催された「第9回農業Week」イームズロボティクスブース内でもプレス発表された。

<参考リンク>
イームズロボティクス株式会社
マゼランシステムズジャパン株式会社
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。