北海道農業の課題解決を目指す「地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019」12月9日に開催

独立行政法人中小企業基盤整備機構 北海道本部は、2019年12月9日(月)にTKP札幌駅カンファレンスセンターにて「地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019 ~農業を核として、地域で稼ぐ新たな産業の創出を!~」を開催する。



地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019


「地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019」は、農業の経営支援及び新事業創出支援を目的に開催されるセミナーだ。
同機構が推進するスマート農商工連携促進事業の一環で、農家数の減少や就業者の不足等、さまざまな農業課題の課題解決を目指したものである。

北海道農業の課題解決を目指し


北海道において農業は地域を維持していくうえで欠かすことのできない産業だ。
広大で肥沃な大地を生かして生産される農産物の出荷額は、国内全体のおよそ1割(約1兆1000億円)を占め、耕地面積では114万6,000ヘクタールと国内全体の約26%を占める。

乳牛や畜産をはじめ、稲作や畑作などさまざまな農業が行われており、てんさいや食用ゆり、いんげんや小豆などは全国シェアの90%以上を誇る名産品だ。


一方、北海道も日本の他の地域と同様、高齢化や後継者不足などさまざまな農業課題を抱えているのも事実だ。
農業人口の減少による海外との競争力低下、農業行政の不備、気象問題、消費者ニーズなど、北海道の農業は大きな変化の中にある。

今回のセミナーでは、農業が地域において果たす役割の重要性の再確認をした上で、農業を核とした地域に波及する新しい産業プロジェクトの創出に向けたカリキュラムが実施する予定だ。

当日は、株式会社GB産業化設計の代表取締役である岩井宏文氏や、えづらファーム代表の江面暁人氏、有限会社コスモスの代表取締役である安藤智孝氏、有限会社東條産業の代表取締役の東條真澄氏らの登壇が予定されている。

定員は50名で参加費は無料。FAX又はEメールでの申し込みが可能だ。
(※任意参加の交流会は有料 ※先着順 2019年12月6日〆切)

開催を通じ同機構では、将来の北海道農業を強化していくための新たなプロジェクトの創出を官民一体で進めていくとしている。

【開催概要】
地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019
日時:2019年12月9日(月)14:00~17:20(17:30~交流会)
会場:TKP札幌駅カンファレンスセンター2階 ルーム2B
住所:北海道札幌市北区北7条西2丁目9番
料金:無料

<参考リンク>
独立行政法人中小企業基盤整備機構 北海道本部
地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。