「2019国際ロボット展」でシンポジウム「ロボット・ICTが拓くスマート農業の未来」を12月19日に開催

2019年12月19日〜21日に東京ビッグサイトにて、世界最大級のロボット・トレードショー「2019国際ロボット展」が開催される。入場料は1000円で、事前登録者、招待券持参者、中学生以下は無料だ。


23回目を迎える今回のテーマは、「ロボットがつなぐ人に優しい社会」。人とロボットが共存・協働する社会を目指し、会期中は国内外より最新のロボットが展示されるほか、AIICT、要素技術などロボットに関わる技術が一堂に展示される。

農業分野からは、「ロボット・ICTが拓くスマート農業の未来」と題して、株式会社オプティム代表取締役社長の菅谷俊二氏らが登壇。スマート農業への期待や可能性、現場の課題や今後の取り組みについて議論する。



2019国際ロボット展 概要

名称:2019 国際ロボット展(INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2019)
開催趣旨:
国内外における産業用・サービス用ロボットおよび関連機器を一堂に集めて展示し、利用技術の向上と市場の開拓に貢献し、ロボットの市場創出と産業技術の振興に寄与する。
テーマ:「ロボットがつなぐ人に優しい社会」
主催:一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
後援:経済産業省、 厚生労働省、 農林水産省、 国土交通省、 総務省、文部科学省、日本商工会議所、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日本貿易振興機構(JETRO)、NHK 〈順不同、一部申請中、法人格略〉
協賛:略
会期:2019年12月18日(水)~ 21日(土)
会場:東京ビッグサイト 青海・西・南ホール
開催時間:10:00 ~ 17:00
入場料:1,000円 ※事前登録者および招待券持参者、中学生以下は無料

「2019国際ロボット展」登壇シンポジウム詳細


日時:2019年12月19日(木)13:30~15:00
場所:東京ビッグサイト 西4ホール内 メインステージ
テーマ:『ロボット・ICTが拓くスマート農業の未来』
パネリスト:
株式会社オプティム 代表取締役社長 菅谷俊二氏
フューチャー株式会社 代表取締役会長兼社長 金丸恭文氏
特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy) 理事 源田浩氏
農林水産省 農林水産事務次官 末松広行氏
コーディネーター:
モビリティジャーナリスト 楠田悦子氏


2019 国際ロボット展
事前登録申し込みURL

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。