農業ロボットとデータが変える農業経営の未来とは?──銀座農園株式会社(後編)

自社での果樹栽培や農家への販路提供に加え、農業ロボットの開発にも乗り出した銀座農園株式会社。今回は、単なるロボット導入にとどまらず、データを活用して高収益の生産システム構築を目指す今後のビジョンについて、前回に引き続き飯村一樹代表に聞く。


イスラエルでドローンを開発


──ロボットはどんな構造になるのでしょう。

下は運搬部になっていて、クローラーでの自律走行です。上は収穫する機能を持つマニピュレーター。両方とも取り外して単独使用が可能な設計になっています。さらに直接収穫するドローンも開発するつもりです。しかもイスラエルで。

──イスラエルですか!?

はい。現地のスタートアップとすでにその話を進めています。というのも画像認識技術やフライトコントローラーの技術はイスラエルの方が進んでいるので。日本にも優れたエンジニアはいるのですが、だいたい大手企業に属しているんですよね。だから我々のようなベンチャーはコンタクトできない。でも、イスラエルのスタートアップは好意的に対応してくれています。

技術的なことをいえば、クローラーを自律走行させると、どうしても曲がるタイミングで制御設計からずれてしまうのです。一方、ドローンは自動制御で飛んでいるので、画像認識次第ではありますが確実に収穫することができる。最終的には上からドローンで収穫し、下のクローラーでその果実を受け取るような仕組みにしたい。


──樹形をY字やT字に仕立てるとなると、改植が必要になりますね。植えてから実が取れるまでに何年もかかるのではないでしょうか。

たしかに改植は必要です。ただ、植えてから1、2年で実が取れるよう、土の量を制限して樹が大きくなりすぎないようにする根域制限栽培を検討しています。まず試しているのはブドウの「シャインマスカット」。2年生の苗木を植え、翌年には収穫できる計画です。将来的には苗木の生産も手がけ、我々のグループに参加する農家に配るつもりです。根域制限の栽培法については今年初めて収穫をするので楽しみです。もちろん梨についても実験します。

──農業ロボットでも果樹の収穫はまだほとんど手がけられていない分野ですよね。

だから可能性があると思っています。農業ロボット業界の産業構造をみると、土地利用型作物については株式会社クボタやヤンマー株式会社、井関農機株式会社がすでに先駆者として大きな存在となっているから入れません。施設園芸ではまだ市場には出ていないですが、パナソニック株式会社や株式会社デンソーがいる。一方、果樹にはそうしたメーカーは参入していない。

しかし、問題は山積しています。関東地方の梨農家の話を聞いていると、とにかく後継ぎがいない。現状の棚仕立てだと収穫に手間がかかって若者が受け継ぐ気持ちにならないんですね。ただし、市場では果物は売れる。だったらロボットに収穫を任せて、若い人にどんどん入ってきてもらいましょう、という考えです。

高収益の生産モデルを世界に広めたい

──貴社は果樹のデータプラットフォームを構築する計画も進めていますよね。となると、ビジネスとしては農業ロボットを売る、というよりも、生産システムを売るイメージなのでしょうか。

そうですね。我々はロボットを活用した農業の効率経営を目指していく会社です。農業ロボットを販売して儲けようとは考えていません。開発中の農業ロボットにはリモートセンシング機能を持たせ、それを使って果樹の生育や土壌、温度や日射などの生育環境を可視化していきます。収集したデータはAI(人工知能)で解析し、営農支援まで手がけていくつもりです。

──そのサービスを利用する農家からは収穫物を買い取ることも想定されますか。

そうですね。我々は2009年に流通分野からこの業界に入っています。いまもマルシェや漢方ジュースバーを展開しています。たとえば梨は市場の取引価格でキロ当たり300円前後。それがうちの漢方梨ジュースにすれば2000円になる。今後はお客さまの体調に合わせた漢方ジュースをつくっていくつもりです。二日酔いなら、この漢方を混ぜるとか。商品開発には日本薬科大学がついてくれています。このように、我々なら付加価値を高めることができるので、農産物を売るところまでお手伝いしていきたい。

それから、こうした生産段階で高収益を出せるモデルは日本だけではなく海外でも展開したいと考えています。日本だけだと果実の市場規模は7000億円くらいなので。まずは気候や事業拡大を考えてオーストラリア進出を計画しています。


銀座農園が構築する果樹のデータプラットフォームはあらゆる企業や個人に門戸を開いている。他社の製品やサービスから得られるさまざまデータを豊富に活用することで、バリューチェーンをより強固にしていく狙いがある。ロボットがそこにどう寄与するか、注目したい。

<参考URL>
銀座農園

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。