コメとイチゴで周年生産&雇用確保──秋田県が取り組む「園芸メガ団地構想」の効果

秋田連載の最終回では、まず秋田県庁を訪ねた。目的は、県が掲げる水稲偏重からの脱却としての「園芸メガ団地構想」を取材するため。

すでに何度か述べた通り、秋田県は稲作地帯だからこそ、長期的な米価の下落に危機感を抱いている。

「園芸メガ団地構想」とは?

対応してくれたのは秋田県の園芸振興課。「メガ団地構想等大規模園芸拠点育成事業」の概要について尋ねると、次のような答えが返ってきた。

当初定義した「園芸メガ団地」は、原則として1カ所に団地化し、野菜や花きなどで1億円の販売額を目指すこと。ただ、規模の大きさから取り組み事例があまり出てこなかったのか、その後は「園芸メガ団地」の意味を拡大解釈し、「ネットワークタイプ」と「サテライトタイプ」などを用意した。

秋田県・「園芸メガ団地及びネットワーク型園芸拠点の事業概要」(PDF)より)

前者は、主要品目を原則共通とする複数の団地(1団地3,000万円以上)が生産や販売で連携し、1億円の販売額を目指す。

後者は、核となる園芸メガ団地の周辺地域に立地し、そこと主要品目の生産と販売で連携しながら、販売額3,000万円以上を目指す。県内ではこうしたメガ団地が20カ所で誕生。さらに13カ所で構築中だという。

対象となる品目は野菜と花き、果樹はいずれも5つ、きのこは菌床しいたけ。といっても、園芸はおうおうにして水田農業より人手がかかる。そこで機械化を検討している。

たとえば醸造用ブドウの生産。2016年に就農した農家のもとでは欧州の産地では一般的な垣根仕立てにして、イタリア製の多目的4WD作業車で農薬の散布やトリマー、スイングモア、バックホーなど一連の作業をこなしていく。いずれもアタッチメントを交換するだけでいい。

このうち意外だったのは、イチゴを入れていることだ。日本海側で日照量が少ないなか、どうやって育てるのか。気になったので、県庁を後にしてその産地化を進める大仙市に向かった。

大仙市は本連載の1〜2回目に登場した株式会社RICEBALLが大規模稲作を展開しているように、見渡す限りの水田地帯である。ここで稲とイチゴを作っているのは大槻四郎さんが代表を務める有限会社アグリフライト大曲だ。

大量離農で拡大する農地を「KSAS」で管理──株式会社RICEBALL(前編)
KSASコンバイン×乾燥機連携でコメの品質を均一化──株式会社RICEBALL(後編)

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND