大量離農で拡大する農地を「KSAS」で管理──株式会社RICEBALL(前編)

農業の生産現場では多くの農家がいっせいに辞めていく大量離農が始まった。残る農業者や産地は拡大する農地をどう管理し、経営を変革していけばいいのか。

今回から4回にわたって、高齢化率と人口減少率が全国で最も高い、秋田県のスマート農業への取り組みからヒントを探る。

自社製のコメを使ったおにぎり屋を自営──株式会社RICEBALL


株式会社RICEBALLは、秋田県大仙市にある70haを超える水田で米を作るほか、東京と兵庫に計7軒のおにぎり屋「ONIGIRI ICHIGO」を開業している。店で使うコメはもちろん自社製。農業法人がおにぎり屋を自営するのも珍しければ、創業した理由もほかの農業法人と比べて変わっている。

きっかけは、農協を退職した父親が農地を買い、近所の農家にコメづくりを依頼したこと。父親は収穫されたコメを、当時関西で仕事をしていた鈴木さんに送ってくれた。鈴木さんが、友人の母親にそのコメを贈呈すると、「おいしいので買いたい」と思わぬ反応が返ってきた。といっても値段をいくらにすればいいのかがわからない。その主婦に普段買っているコメの値段を尋ねると、JA出荷の2倍程度だった。

そこで鈴木さんは、コメを集荷する個人事業主として始業する。大仙市の農家からコメを集め、それを知り合いの個人や飲食店などに売って回った。取り扱い量が年々増えていったため、2009年に仲間たちと一緒に法人化。同時に農業生産に乗り出す。離農する農家からの委託が毎年増え、いまの面積にまで一気に広がった。

作業記録・農地管理はクラウドサービス「KSAS」で

問題になったのが、農地をどう管理していくかである。

筆者が取材で訪れたのは大仙市にあるライスセンターを併設する事務所。ここで鈴木さんと話をしていると、しばらくして戻ってきたのは農機メーカー・株式会社クボタが提供するクラウド型の営農支援サービス「KSAS(クボタ スマート アグリシステム)」に対応したコンバイン。これが先の問題に対するひとつの答えである。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  2. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  3. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  4. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  5. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。

RECOMMEND