ごはんソムリエが教えるお米のおいしい炊き方&保存法

料理研究家でごはんソムリエの秋元薫です。この連載では、お米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えしています。

今回は、お米のおいしさを保つ保管場所や、すぐにできる炊くときのコツ、炊いたごはんの便利な保存方法をご紹介します!


お米の保管場所、やっぱり冷蔵庫が正解!

お米は「風通しのよい冷暗所で保管する」と、なんとなく耳にしたことはありますよね。でも、実際に自分の家ではどこに置いたら良いのだろう……と悩む方も多いと思います。

お米は「高温・多湿・臭い」を嫌います。それは高温になると虫が発生したり、湿気によりカビが生えたり、他の食べ物の臭いを吸着してしまうからです。では、この条件をクリアできる場所とは?

正解は、冷蔵庫の野菜室

私が実際に行っているのは、空気を遮断してポリ袋に入れたお米を、保存用のジッパー付きの袋にまとめて、冷蔵庫の野菜室に入れるという方法です。


この方法だと使う分だけさっと取り出せるので、残りのお米を空気や温かい部屋に出さずに済み、保管場所もお米の分量以外は必要ないのでとても便利です。


袋は大小2つに分け、大には3合、小には2合のお米をそれぞれ入れています。

こうすることで2合、3合の他に、2合×2個で4合、2合+3合で5合と、家庭で炊飯する分量のお米は計量せずに炊飯できるのです。


“冷蔵庫浸水”でお米のおいしさをワンランクアップさせる!

ごはんをおいしく炊くコツは? と聞かれたら、一番は研いだ後のお米を水に浸す「“浸水”をしっかりすること」と答えます。

細かいことをいうと、銘柄によっては吸水が早く浸水の必要がないものもありますが、大半のお米はしっかりじっくりとお水を吸わせてあげることで、ふっくら艶やかなごはんに炊き上がります。

冷蔵庫で浸水させれば、衛生面の心配もなく半日〜1日置いておけるので、出掛ける前や前の晩に、夕食用、明日のお弁当用……と準備できる上に、ワンランク上のお米!? と感じるほどおいしく炊き上がります。


炊飯釜に水加減をして、ピッタリとラップしたものを冷蔵庫に入れても良いですし、保存容器を使ってもOK。容器を使う場合には1合につき200mlの水加減を目安にしてください。

そのあとは「早炊き」で炊飯するだけです!


そして、覚えておいていただきたいことがもう1つ。それは、研いだ後のお米を長い時間ザルの上に放置してはいけないということ。

長い時間置いてしまうと乾燥してお米が割れやすくなります。研いだ後の水切りはサッとすませてお水に浸してあげましょう。


炊き上がったごはんの保存方法は?

炊き上がったごはんは、一気に冷凍するのがおいしく保存するポイントです。

ラップに薄く広げて包んだり、薄型の容器を利用して時間をかけずに冷凍することで、でんぷんの老化を防ぐことができます。


忙しい時期には、外出から帰ってきて何もない! ということになりがちです。おいしいご飯をストックしておくだけで、時間が上手く回ることも多いので、ぜひ試してみてください。

■新米もいよいよ登場、残留農薬不検出で安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米も安心です。白米のほかに、白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。