減農薬であんしん安全な「スマート米」、2020年度産新米ラインアップを一挙紹介

AIドローンを使って減農薬を実現したあんしん安全な「スマート米」。今年も収穫を迎え、「スマート米2021」(2020年度産新米)として販売が開始されました。
NHK「クローズアップ現代」でも、その取り組みが紹介されたスマート米。

新米のラインアップをそれぞれのお米や産地の特徴とともに一挙に紹介します。


■スマート米公式販売サイトはこちら
スマート米販売サイト「SMART AGRI FOOD」

「スマート米」とは、AIやドローンを使った最先端のスマート農業によって、農薬使用量をできるだけ抑えて栽培されたあんしん・安全なお米です。経験豊富な地元のコメ農家と、先進技術を提供する株式会社オプティムが協業して進める取り組みから生まれました。


「スマート米2021」は全7製品がラインアップ!


  • 青森県産「黒石 まっしぐら」  残留農薬不検出
  • 青森県産「黒石 つがるロマン」  節減対象農薬50%以下
  • 新潟県産「新発田 コシイブキ」  残留農薬不検出
  • 福島県産「白河 コシヒカリ」  残留農薬不検出
  • 福島県産「白河 天のつぶ」  残留農薬不検出
  • 石川県産「奥能登 コシヒカリ」  節減対象農薬50%以下・特別栽培米
  • 兵庫県産「丹羽篠山 コシヒカリ」  節減対象農薬50%以下

「スマート米2021」は、青森から兵庫まで多彩な5つの地域で育てられた「コシヒカリ」、「まっしぐら」、「つがるロマン」、「コシイブキ」、「天のつぶ」の5品種・7製品を取りそろえました。

いずれも国の減農薬規準をクリアした安全なお米。玄米の状態で第三者機関の検査により「残留農薬不検出」と証明されたお米、農林水産省ガイドライン「節減対象農薬50%以下」のお米、そして「特別栽培米」からお選びいただけます。

青森の新しいブランド米~青森県産「黒石 まっしぐら」 


「まっしぐら」は青森生まれの新しいブランド米。粘り気は少なくさっぱりとした味わいながらも、適度な弾力があり食べ応え十分です。

産地の黒石市は青森県のほぼ中央に位置し、東には八甲田連峰が連なり、豊かな自然と良質な土壌、豊富で清らかな雪解け水に恵まれた地域です。

あっさりと和食によく合う~青森県産「黒石 つがるロマン」


青森で生まれたブランド米「つがるロマン」。品質を守るため、県内でも気象条件に恵まれた地域のみで作られており、自然豊かな黒石市はそのうちの一つ。

味や粘り、やわらかさなど全体のバランスがよく、あっさりとした味わいで和食によく合います。

■購入はこちらから(スマート米販売サイト) 
スマート米2021(20年度産米)スマート米 黒石 青森県産 つがるロマン

新潟県外では入手困難!~新潟県産「新発田 コシイブキ」 


日本有数の米どころ新潟県の中でも、豪雪地帯ならではの豊富な雪解け水と加治川の水による肥沃な大地に恵まれた新発田市の「コシイブキ」。コシヒカリを親にもつ「ひとめぼれ」と「どまんなか」の交配によって生まれた新品種で、新潟県内以外ではほとんど手に入りません。

コシヒカリのおいしさを受け継いだ、炊きあがりのつや、適度な粘り、しっかりとした味わいが特長で、冷めても硬くなりにくく、お弁当などにもおすすめです。

■購入はこちらから(スマート米販売サイト)
スマート米2021(20年度産米)スマート米 新発田 新潟県産 コシイブキ

コシヒカリならではの甘みともっちり食感~福島県産「白河 コシヒカリ」


福島県白河地方は、阿武隈川の清らかな水と昼夜の大きな寒暖差が生み出す良質なお米の産地として知られ、米の食味ランキングでも(中通り産米として)最高ランクの「特A」を獲得しています。

コシヒカリならではの香り、美しいつや、食べ応えのあるもちもちとした食感と噛むほどに感じる甘みが特徴です。

しっかりとした硬めの粒感~福島県産「白河 天のつぶ」 


日本屈指の米どころ福島県で、15年もの歳月をかけて開発された福島県オリジナル品種。福島県産コシヒカリと同等のおいしさを持ちながらも、しっかりとした硬めの粒感があり、炒飯や丼ものにぴったりです。

天にまっすぐ伸びる稲の力強さと、天の恵みを受けて豊かに実る一粒一粒を表現し「天のつぶ」と命名されました。

コシヒカリらしい食べ応え抜群~石川県産「奥能登 コシヒカリ」 


甘みと粘りを持ち、お米だけでもしっかりした食べ応えがある、言わずと知れた日本のお米の代表格がコシヒカリです。

特に北陸でポピュラーな品種ですが、中でも能登半島は米どころとして知られる新潟県とほぼ同じ緯度に位置し、なおかつ朝夕の寒暖差が大きいこと、肥沃な土地を持つことから、人気の産地のひとつです。

■購入はこちらから(スマート米販売サイト)
スマート米2021(20年度産米)スマート米 奥能登 石川県産 コシヒカリ

バランスのよい理想的なコシヒカリ~兵庫県産「丹羽篠山 コシヒカリ」 


周囲を山で囲まれた丹羽篠山。昼は暑く夜は涼しい盆地特有の気候と、山から降りてきたミネラル成分が豊富な水、保水性が高い粘土質の土壌により、甘みと粘り気を持つ理想的なコシヒカリです。

枝豆や山の芋と並ぶ、丹波篠山の代表的な農産物です。

■購入はこちらから(スマート米販売サイト)
スマート米2021(20年度産米)スマート米 丹波篠山 兵庫県産 コシヒカリ


白米のように炊けて便利!今年も「無洗米玄米」登場

「スマート米2021」では白米のほか、手間なく炊けて人気の「無洗米玄米」もご用意。

「無洗米玄米」とは、よくある白米の無洗米のように“無洗米加工”をした玄米のこと。白米と同じように浸水時間もなく炊飯器の白米モードで炊けるので、いつもの食卓に気軽に玄米を取り入れられます。

“完全食”とも言われる玄米の栄養価はそのままに、白米のようにふっくらと炊けるので玄米に慣れていない方にもおすすめ。この機会にぜひお試しください!

■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。


※「スマート米®」は、株式会社オプティムの登録商標です。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。